我が家では今、3歳の娘と一緒にピザをつくるのがブーム。

週末のランチやおやつに作るのですが、生地は発酵させないので短時間でできるし、トマトソースは市販品にすれば、包丁いらずで手間いらず。

作業も、こねる、のばす、のせるだけなので、小さな子どもにも無理なくたくさんお手伝いしてもらえますよ!

■おうちピザ

<材料>※直径18-20cm生地2枚分
(生地)
強力粉 200g
オリーブ油 大さじ1+適量
塩 小さじ1/6
砂糖 小さじ1/6
ぬるま湯 120ml

(具)
トマトソース缶 大さじ8〜10
ピザ用チーズ 適量
バジルの葉 適量

<作り方>
1、強力粉とオリーブ油(大さじ1)、塩、砂糖をボールに入れ、軽く混ぜ合わせる。

2、ぬるま湯を少しずつ入れながら、なめらかになるまで手でこねる。

3、2をラップに包み、10分ほど置いておく。

4、3を2等分にし、クッキングシートの上に置く。麺棒で直径18-20cmにのばし、フォークでまんべんなく穴をあける。

5、天板にのせ、トマトソースをそれぞれ大さじ4〜5ほど塗り、ピザ用チーズをかけ、オリーブ油を全体にまわしかける。

6、250℃に予熱をしたオーブンで約10分焼き、仕上げにバジルをちらす。

このレシピを作るきっかけになったのは、おままごとのピザを差し出され、「ピザ、食べたことないの」といわれたこと。ならば一緒に作ってみようということになったのですが、これが意外と食育につながるんだなと実感しています。

以前は、“働くママは忙しい”と自分で理由をつけ、娘がお手伝いしたいといっても、「いいよ、遊んでて〜」なんてはぐらかしていましたが、いざやってもらうと「小麦粉はお水を入れるとまん丸になるんだね」とか、「(トマトの)赤に(バジルの)緑つけるときれいだね」など、自主的な発見が連発。

母としてはちょっと感動するほどです。今までの自分の態度を改めないと、と反省しました。お手伝いをしてもらうことって、重要なんですね。

(長 有里子)