1年で一番ストレスのたまりやすい時期です(写真:EKAKI / PIXTA)

多くの企業の人材開発ニーズと日々向き合っている米人材開発支援会社、コーナーストーンオンデマンド。今回はその経営陣のブログから、年末年始のホリデーシーズン前の繁忙期に、社員が抱えがちなストレスを減らす方法を紹介します。

残業、決算業務、長い行列、ひっきりなしの来客……1年で一番楽しいはずのホリデーシーズンはプライベートでも仕事でも、1年で一番ストレスのたまりやすい時期でもあります。新人の店員であろうと、フォーチュン500企業の社長であろうと同じです。

事実、この年末進行の時期、従業員は普段よりもストレスが70%増加するという調査結果が出ており、1年でも重要な時期のパフォーマンスを考えれば、多くの職場にとって好ましくない兆候です。米コンサルティング会社タワーズワトソンによれば、ストレスレベルの高い従業員の半数以上が仕事へのエンゲージメントが低いのに対し、ストレスレベルの低い従業員の場合、エンゲージメントが低い人の割合はわずか1割です。

社内パーティは一時の気晴らしにすぎない

多くの会社はハッピーアワー、職場でのプレゼント交換、社内パーティなどを企画し、ホリデー気分を盛り上げることで、この時期のストレスを乗り切ろうとしています。昔からのこうした習慣はお楽しみでもあり、意義のあることでもありますが、従業員を守るというよりは一時の気晴らしにしかすぎません。企業のリーダーはこの際、もっと意味のあるホリデーギフトを贈るべきです。すなわちストレスに対処するためのツールです。

数年前、私の会社、コーナーストーンオンデマンドでは、ストレスを取り除くことはできないまでも、それをコントロールする方法を学べるのではないかという前提のもとで、社内ラーニング管理システムに「ストレスマネジメント」カリキュラムを導入しました。もともとホリデーシーズンのために特別に考案されたものではなかったものの、今では年末が近づくとマネジャーたちがチーム内でこのカリキュラムを共有するのがコーナーストーンの慣例のようになっています。

リーダーは部下のストレス対策について、少し時間を割いて考えてみるべきです。コーナーストーンのようなカリキュラムを作成するなり、昼下がりにワークショップを企画するなり、単にストレスに対処するためのちょっとしたヒントをメールするだけでもいいのです。

どのようなやり方をするにせよ、この時期のストレスにどのように対応すればよいのか、年末の忙しさで疲労困憊してしまわないよう結束を強化する方法について、コーナーストーンでのプログラムの実施を通じて私たちが学んだいくつかの教訓をご紹介しましょう。

1. ストレスについてオープンであること

ストレス対策のために何をするにせよ、まずストレスを躊躇なく口にできるようにすることです。コーナーストーンのストレスマネジメントコースはたいてい、グループディスカッションから始まります(直接、あるいはプラットフォームを通じてバーチャルで)。「ホリデーシーズンがストレスの多い時期だ」ということを認識しておくことによって、プレッシャーに対処するためのリソース探しを手助けできるのです。

グループディスカッションに加え、マネジャーとの1対1での状況確認も必要です。まだこうしたことを定期的に行っていないなら、ホリデーシーズンは絶好の時期です。忘れてはならないのは、ストレスとは相対的なものであるということです。チーム内に2人のセールス担当者がいて、どちらも同じくらい疲れ果てていたとしても、理由はそれぞれに違うかもしれません。

1人はノルマのうち30%しか達成できておらず、もう1人は初のトップセールスの社長賞獲得を目指して頑張っているのかもしれません。そして全社的な取り組みを行ううえでは、このいずれの社員にとってもストレスのはけ口を与え、解消法についてアドバイスすることが重要なのです。

2. デスク(PCの前)から離れること

コーナーストーンでは目標を設定する際、そのうちの1割を健康に関する目標に充てるよう全員に奨励しています。自転車で通勤するとか、ヨガを習うとか、週に1度はウォーキングをするとか、何でもよいのです。アクティブな体が健全な精神をもたらすと信じているからです。それは科学的にも認められており、運動が健全なストレス解消法になることは いくつもの研究で指摘されています。

年末進行期間中は確かにいつもよりも時間を見つけることが難しくなるでしょうが、この時期こそ体を動かすことが大切なのです。私がよくやるのが、「ウォーキング・ミーティング(ウォーキング会議)」で、会議室を予約する代わりに近所を一回りしたり、下の階のロビーに降りて行って打ち合わせをすることです。あるいは、ケーブルテレビ(CATV)大手メディアコムのような会社がやっているように、仕事の後で「ハッピーアワー」ならぬ「ヘルシーアワー」を開催するのもよいでしょう。

専門家にストレスについての話をしてもらう

3. 社外リソースを活用する

そして何といっても大事なことが、専門家にストレスについての話をしてもらうことです。ディスカッションや社内でヨガや瞑想、マッサージのクラスを開くだけでなく、コーナーストーンのカリキュラムではTEDトークスからさまざまな記事や研究まで、ストレスマネジメントに関する社外リソースをいくつか利用できるようにしています。

リソースハブがあれば社員は自分で、マインドフルネス瞑想の大切さについて、無料瞑想アプリ「ヘッズスペース」の創業者アンディ・プディコムの話を聞くことだってできます。このようなリソース情報をリストにし、メールで共有するだけでもよいのです。

残業が増え、不機嫌な同僚やクライアント、お客たちに対応し、おそらく家族と過ごす時間もままならなくなるだろう社員を抱える企業のリーダーは、前もってホリデー期間中、社員がうまく心のバランスを取れるような方策を見いだしておくべきです。そしてもちろん、自らの健康もおろそかにしてはなりません。何といっても、自分自身がストレスにうまく対処できなければ、ほかの誰かの力になることなどできないのです。