まさに公道を走るレーシングカーとなるのか?

 モータースポーツ活動を通してクルマと人を鍛える「もっといいクルマづくり」に取り組むTOYOTA GAZOO Racingは、2018年1月12日(金)から14(日)までの3日間、幕張メッセで開催されるカスタマイズカーイベント「東京オートサロン2018」に出展。モータースポーツ参戦で得た技術を投入したコンセプトカーを展示する。

 今回の出展テーマは「Meister’s Workshop(マイスターズワークショップ)」。世界ラリー選手権(WRC)や世界耐久選手権(WEC)といったモータースポーツへの挑戦と、その挑戦から培った技術や経験を活かしたクルマを紹介。さらにカスタマイズする楽しさから、クルマがもっとわくわくする存在であることを伝えるのが目的だ。

 出展車両は、WRC参戦初年度ながら今季2勝を挙げたヤリスWRC、WECに参戦するTS050ハイブリッドといったモータースポーツ参戦車両。そのほかに、モータースポーツで鍛えた技術を具現化したものとして、WECへの参戦活動が生かされたコンセプトカー「GR スーパースポーツコンセプト」を展示する。まだはっきりとしたディテールはわからないものの、力強い骨格のシルエットがうかがえる。

 また、今注目を集めるコンプリートカー「GR」シリーズも展示。高性能ブレーキなどを装備した86GRや、GRの頂点に立つ国内150台限定販売のヴィッツGRMNも展示される。

 さらに、5月にドイツで開催されるニュルブルクリンク24時間耐久レースへの参戦車両を披露し、12日には参戦ドライバーの発表も行われる。出展車両やブースの情報は随時公開されていくので、今後も目が離せない展開となりそうだ。