「FUJI BOXING 井上尚弥・拳四朗ダブル世界戦」のMCを務める中村アンにインタビュー/(C)フジテレビ

写真拡大

12月30日(土)に井上尚弥選手と拳四朗選手のタイトルマッチ「FUJI BOXING 井上尚弥・拳四朗ダブル世界戦」(夜7:00-9:00、フジ系※延長あり)が生中継される。

【写真を見る】輝かしいベルトを肩に掛けた井上尚弥選手ら/(C)フジテレビ

WBO世界スーパーフライ級王者・井上選手は同級6位のヨアン・ボワイヨ選手(フランス)と7度目の防衛戦。またWBC世界ライトフライ級王者・拳四朗選手は同級11位のヒルベルト・ペドロサ(パナマ)と2度目となる防衛戦に挑む。

番組MCには、今年10月に行われた村田諒太選手の世界戦にも出演した中村アン。今回のダブル世界戦を前に、中村に試合の見どころや井上選手と拳四朗選手へのエール、ボクシングに対する思いを聞いた。

――中村さんは約2年間、ボクシングでMCを務められていますね。

初めは本当に分からないことが多かったのですが、今ではハマってしまって、毎回興奮するようになりました。ライブ感があるので毎回とてもドキドキしていています!

ただ、MCは三宅(正治アナ)さんにおんぶに抱っこなので、私も自信を持ってやらないと。今回も年末ですので、私は私の仕事を納めたいと思います。

――ボクシングに興味を持ったのはMCを始めてからですか?

ボクシングは父親がテレビで見ていましたが、怖いので目を背ける方が多かったです。ですが、実際に見てみるとだんだん楽しくなってきて、この前の村田選手の試合では臨場感や雰囲気も楽しかったです。井上選手のLAでの試合も行きましたが、海外は (盛り上がり方が)違っていたので、女性ファンももっと増えたらいいですね。

――最近では女性の間でボクササイズもはやっています。

私も何回かボクササイズをしたことがあります。多分、女の人はストレス発散目的かもしれないです。ボクササイズは、普段どこにも放出できずに有り余っているパワーが出ますよね (笑)。

――中村さんご自身もトレーニングされていますが、男性の体が引き締まった方がお好きですか?

そんなことはないです。ボクシング選手のような肉体は、普通できないですもんね(笑)。体を鍛えることはいいんですけど、トレーニングしている男性はお酒も全然飲まないので、食事制限までするとちょっと楽しめないですよね。

――ちなみに中村さんのタイプなボクサーはいらっしゃいますか?

村田選手は全部好きです! でも、結婚してますからね…。独身だったらアタックしたい(笑)。

何かに集中している方は魅力的です。もし、私に子どもが生まれて「ボクシングをしたい」と言われても賛成ですね。誇らしい仕事だと思います。(選手の)チームの方やご家族も12ラウンド応援して、選手を支えている方も尊敬します。

――今回世界戦に臨む拳四朗選手について、どのようなイメージを持っていますか?

拳四朗選手はとても整った筋肉できれいな体です。(写真撮影の際など)ピースサインをしたり、顔はかわいらしい感じなので、いじめられそうな見た目なのに実は強いタイプ(笑)。そんな強い姿を見るとすごいと思います! 今回の試合では初めからグイグイ行っていただきたいです。

――一方で、井上選手はいかがでしょうか?

井上選手は無敵で絶対的王者。減量の中の井上選手を取材した時は、水も飲めませんし、試合前日には部屋にこもっていて、私たちが想像している以上に試合までの準備は過酷なんだと思いました。でも、普段は腰の低くて、すごい人柄のいい方です。隙がなくて(対戦相手の)皆さんは恐れているでしょうね。

今回、井上選手は早く倒し過ぎちゃうと思う! (生放送なので)テレビが大変(笑)。今年最後の試合なので、スカッとする試合を期待しています。

――中村さんが考えるボクシングの魅力とは何でしょうか?

顔が腫れたりと、昔は「何でそんなの見るんだよ!」と思っていましたが、むしろパワーをもらえますし、試合までの忍耐するメンタルは何にでも通じます。相手の動きも読んだり頭も使うので、皆さんすごいです!

――今後のボクシング界に期待されていることはありますか?

井上選手や拳四朗選手、村田選手など皆さんにそれぞれ期待しています! 一回見始めるとどんどん楽しくなってくるので、もっと盛り上がったらいいなと思いますね。とにかく期待しかないです! 皆さん目指しているところが高いので、応援していれば同じ夢を追い掛けることができると思います。全部託しちゃってますけど(笑)。私も頑張ろうと励みになりますね。

――改めて見どころを教えてください!

拳四朗選手は注目度も高くなってきて、皆さんに見てほしいですし、井上選手は毎回「どういう勝ち方かな」と気になります。選手の皆さんと同じくらいのテンションでまた盛り上がってきたボクシングをぜひ、ご覧いただきたいです!(ザテレビジョン)