12月15日(金)、富士スピードウェイでレクサス「RC F」を使ったワンメイクドライビングレッスンが開催されました。

教材として、強大なパワー(477ps/54.0kgm)を発生する5.0L V8エンジン(2UR-GSE)を搭載した本格スポーツモデル「LEXUS RC F」(982.4万円)を惜しげも無く使用する人気のレッスンで、本年2回目となる今回もスポーツカーをこよなく愛するCarGuyたちがAM9時過ぎにサーキットに集合しました。

実技の前にレクチャールームで講師陣からドライビングに関する講義を受けた後、途中昼食を挟んで夕方17時までたっぷり自身のドライビングテクニックを磨くことができる内容になっています。

(インストラクター:五味康隆氏)

 

(左からGR開発統括部 弦本主査、伊藤講師、矢口PP)

今回はレクサス「GS F」「RC F」「IS F」オーナー向けのレッスンとなっており、マイカーで先導車に付いて国際レーシングコースを走行する初心者向けの「体験走行」や「パイロンスラローム」、FISCOライセンスが無くてもレーシングコースを計40分間走れる「フリー走行」、さらには国際レーシングコースを2分10秒以内で走行できる上級者向けの「マイスタープラン」などのメニューが用意されています。

新たに設定された「マイスタープラン」には、国際レーシングコースでの20分間フリー走行×3本が含まれており、サーキット走行を思う存分堪能することができます。

今回、縁有って筆者もレッスンに参画。お馴染みの五味康隆氏がドライビングする助手席で、プロドライバーの走りが体験できる「サーキット走行同乗体験」の様子を取材させて頂きました。

実際に同乗してみると、外から眺めているのとは大違いで、各コーナーで前後左右方向に強烈なGがかかりますが、そこはやはりプロのドライビング。全く怖さが無くスムーズそのもので、「アドバンコーナー」で後輪が流れた際には、瞬時にカウンターステアを当てて車両姿勢を立て直す様子を助手席で目の当たりにすることが出来ました。

一方、サーキットではレッスン参加者が走行練習を開始。早速インストラクターによるドライビングレクチャーを含め、参加者がコースを元気良く走行する様子や閉会式までのレッスンの流れを動画で収録。

来年以降も2回/年ドライビングレッスンが開催されるそうなので、まだ未参加のレクサス車オーナーは是非スキルアップを目指して参加されてみてはいかがでしょうか。サーキットで愛車のポテンシャルを把握することが可能な貴重な機会でもあり、受講料に十分見合うだけの内容だと感じました。

(Avanti Yasunori)

【関連リンク】

富士スピードウェイHP
http://www.fsw.tv/

LEXUS F ワンメイクドライビングレッスン
http://www.fsw.tv/freeinfo/008273.html

レクサス主催のドライビングレッスンは「RC F」でスキルアップを目指す!(http://clicccar.com/2017/12/18/540499/)