プリウスをベースとしたテスト車両の前で写真撮影に対応するAimotiveと菱洋エレクトロの関係者(筆者撮影、以下同)


 12月11日、都内で自動運転に関する記者会見が開かれた。その主役は、自動車メーカーではなく、ハンガリーのブダペストに本社を置くIT企業「AImotive」(エイアイモーティブ)だった。

 会見では、日本の老舗半導体商社「菱洋エレクトロ」がAImotiveの日本事業におけるビジネスパートナーになることが明らかにされた。

 昨今、自動運転の開発では、画像認識、深層学習(ディープラーニング)といった技術の採用が一般化しており、この領域に米エヌビディアや米インテルなどの半導体大手が巨額の研究開発費を投じている。筆者は、シリコンバレーのエヌビディア、インテルの両本社で、自動運転事業について定常的に取材や意見交換を行っており、彼らの新事業にかける“本気度”を肌身で感じている。

 そうした中、半導体関連企業の新興勢力であるAImotiveが「自律車両用のFPGAプロトタイプ・プラットフォーム」を発表した。FPGAとは「フィールド・プログラマラブル・ゲート・アレイ」の略で、ユーザー側が用途に合わせてプログラムを構築できる演算デバイスである。

 近年、画像認識の演算ではエヌビディアのGPU (グラフィックス・プロセッシング・ユニット)を利用するのが主流で、事実上のデファクトスタンダードとなっている。しかし、GPUは一般的には消費電力と発熱量が大きいと言われ、エヌビディアは改良を進めている段階だ。

 これに対してAImotiveは、同社のFPGAは「GPUを使用した従来の演算と同様の処理性能を、10〜20%の電力で実現できる」と、GPUに対するメリットを主張した。

 さらに同社は、ディープラーニングなど人工知能(AI)の開発で、標準規格「NNEF (ニューラル・ネットワーク・エクスチェンジ・フォーマット)」に積極的に関わっていくという。NNEFには、インテル、クアルコムなど半導体大手が参画する予定だ。

技術説明をするAimotiveジャパン代表のアクセル・ビアンケ氏


記者会見での、菱洋エレクトロ・代表取締役の大内孝好氏


[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

垂直統合型でも水平統合型でもない業界構図

 AImotiveは自社のビジネスモデルを以下のように説明する。

(1)自動車メーカーとの試作段階での協業
(2)ティア1(自動車部品大手)との協業
(3)半導体メーカーに対するライセンス販売

(1)では自動運転用ソフトプラットフォーム「aiDrive」を仏PSA(プジョー・シトロエン)とスウェーデンのボルボ、さらに日系メーカー1社に対してすでに納入済みだという。

 また(3)では、半導体メーカーに対して各社の演算コアに対応する自動運転向けアクセラレーター「aiWare」を提供する。すでに「多くの半導体メーカーがaiWareに興味を持っている」(AImotive関係者)という。

 このように自動車産業界におけるAImotiveの“立ち位置”は、従来の自動車部品メーカーとは異なり、かなりフレキシブルだ。実は、こうしたビジネスモデルは、同社のみならず画像認識に関わる半導体メーカーの間で一般的である。自動車産業界の中で、従来のような垂直統合型でも水平分業型でもない新しい形が登場していると言ってよい。

AIMOTIVE社の技術ポートフォリオ


プリウスの車体後部に自動運転(画像認識)用の専用ユニットを搭載


画像認識、音声認識、自然言語理解が融合へ

 AImotiveと菱洋エレクトロの共同会見の翌日、米エヌビディアが都内で大規模な技術カンファレンス「GTCジャパン2017」を開催した。本稿は、その初日が終了した時点で執筆している。

 初日の各種講演の中で注目が集まったのが、日本のディープラーニング研究開発企業「プリファードネットワークス」(Preferred Networks、東京都千代田区)だ。知的情報処理事業部事業部長の海野裕也氏の講演の中で、「今後は画像認識、音声認識、そして自然言語理解の分野の融合が進む」という言葉に筆者の興味が沸いた。

 車載半導体ビジネスは弱肉強食の時代に入った。日米欧の老舗半導体メーカーにとって「一瞬先は闇」である。一方で、半導体、またはその周辺の産業に関わるベンチャーにとっては「時代のゲームチェンジャー」になり得るチャンスが目の前に現れている。

 11月末から12月中旬にかけて日米の半導体関連ビジネスを集中的に取材しながら、時代変革の波を体感した。

筆者:桃田 健史