4回連続講義の第1回。テーマは「そもそもビットコインとは何か?」です(撮影:尾形文繁)

2017年もあとわずかです。金融関係で最もホットな話題だったのが、ビットコイン。恥ずかしながら木本も少し持っています。でも、実態のない仮想通貨がどうしてこんなに値上がりするかなど、本質の部分はハテナだらけです。『アフター・ビットコイン』の著者で、ビットコインバブルに警鐘を鳴らす、中島真志先生に詳しく聞きます。講義の模様は、4回に分けて4日連続でお届けします。

サトシ・ナカモトって何者?


この連載の過去記事はこちら

木本:実はいま、仮想通貨のことを猛勉強しているんです。そこで、『アフター・ビットコイン』が話題の中島先生に、ガッツリとお話を伺おうと思っております。

中島:私はもともと日本銀行におりまして、10年ほど前に日銀を離れ、国際機関を経て、現在は大学で教えています。資金決済や証券決済を研究していたのですが、ビットコインやブロックチェーンが、私の研究エリアに入ってきたので、フォローせざるをえなくなったというのが実態です。今回は、4つのテーマに分けて説明します。

木本:日銀でバリバリやっていて、つまりは銀行の中心にいらした方が、ビットコインを無視できない時代になっているということですね。


写真は11月9日、ラトビア・リガで撮影したビットコインのロゴ(写真:ロイター/Ints Kalnins)

中島:そもそも「ビットコインとは何なのか」から話を始めましょう。2008年にサトシ・ナカモトという人が論文を書きまして、それを基にできたのがビットコインです。

木本:日本風の名前ですが、日本人なんでしょうか?

中島:たぶん日本人ではないですね。英語で論文を書いていますが、どこの国の人かもわからない謎の人物です。本人が相当に巨額のビットコインを持っていて、一度も売ったことがないということはわかっています。

木本:ビットコインの大本がその論文から生まれたわけですね。

中島:その論文をシステムに落とし込んで運用しているのがビットコインです。2009年1月に最初のコインが発行され、それ以来発行され続けています。

木本:もう9年も経っているんですね。

海外では「クリプト・カレンシー」が一般的


中島 真志(なかじま まさし)/1958年生まれ。1981年ー橋大学法学部卒業。同年日本銀行入行。調查統計局、金融研究所、国際局、金融機構局、国際決済銀行(BIS)などを経て、2017年10月現在、麗澤大学経済学部教授。博士(経済学)。単著に『外為決済とCLS銀行』『SWIFTのすべて』『入門 企業金融論』、共著に『決済システムのすべて』『証券決済システムのすべて』『金融読本』など。決済分野を代表する有識者として、金融庁や全銀ネットの審議会等にも数多く参加。最新刊『アフター・ビットコイン』(新潮社)がベストセラーに(撮影:尾形文繁)

中島:ビットコインへの認識が広まったのは、ここ2〜3年のことではないでしょうか。「バーチャル・カレンシー」、つまり仮想の通貨であり、インターネットを通じてやり取りされるので、紙幣やコインといった物理的な存在はありません。高度な暗号技術によって、複製や二重使用を防いでいます。

木本:「仮想通貨」の仮想という言葉で、何かいかがわしいイメージを持ってしまいます。

中島:海外では「クリプト・カレンシー」、つまり<暗号通貨>と呼ばれることが多いですね。私が感じるのは、日本においては、とてもよいイメージのものとして広まっていますが、海外ではもっとイメージが悪い。あとで詳しく話しますが、日本では「夢の通貨」としての美しいイメージが先行しすぎている気がします。

木本:ビットコインの特徴はなんでしょう。

中島:特徴の1つは、中央に管理者がいないこと。プログラムがいろんな仕組みをコントロールしているので、真ん中に偉い管理者がいて全体を制御しているわけではないんです。

木本:誰のものでもないっていうことですね。


中島:そして「BTC」という独自の通貨単位がある。このため、法定通貨(円、ドルなど)との間に交換レートがあります。小数点以下でも取引をすることができ、最少単位は0.00000001BTCという小数第8位まであって、それを1Satoshi(サトシ)と呼んでいます。


木本武宏(きもと たけひろ)/タレント。1971年大阪府生まれ。1990年木下隆行とお笑いコンビTKOを結成しツッコミを担当。2006年、東京へ本格的進出。S-1バトル優勝、キングオブコント総合3位などの受賞歴がある。現在は、ドラマやバラエティなどピンでも活躍中。2018年1月より関西テレビにて「TKO木本のイチ推しカンパニー」(毎週土曜 朝5:50〜)がスタート(撮影:尾形文繁)

それから発行主体がなくて、誰の負債でもないというのが不思議な点です。ふつう通貨は、中央銀行が発行主体となって、中央銀行の負債として発行されていますので。あとは、「プルーフオブワーク」(PoW)という難しい計算があって、それに成功した人には報酬が与えられます。

木本:POSというのもありますもんね、先生の本を含めて、実は僕、読みまくっているんで。

中島:POS、つまり「パワーオブステークス」は、ビットコインで使われているPoWとは別のものです。よくご存じですね。

それから、取引の確定までに時間がかかり、10分ごとに新しいブロックが作成されます。発行上限が定められており、それが2100万ビットコイン。サトシ・ナカモトさんとしては、どんどん発行されるとインフレになって、通貨の価値が落ちてしまうので、それを嫌ってそうしたようです。

木本:金やダイヤモンドに例えられる部分ですね。


リバタリアンの理想がビットコイン

中島:供給に限界があるという意味では、そのとおりです。で、なぜこういうものを作ったのか。発想としては誰にも管理されず、世界中に自由に送金ができるようにしたい。これは、政府や中央銀行といった管理主体から自由になりたいということであり、アメリカを中心にした「リバタリアン」「要はなんでも自由にやって規制されたくない」という人たちの発想に基づいています。

木本:僕らのような一般市民からすれば、その志に引かれますが、でも国家からすれば、なかなか面倒な存在ですね。

中島:実際に、犯罪や規制の抜け穴として使われて、問題も起きています。リバタリアンという言葉はいいんですが、ややアナーキスト的な発想、つまり「政府はいらないんだ」という思想に近い。「夢の通貨」といわれますが、バックグラウンドをみると、ちょっと物騒な思想が背景にあると思います。


秘密のコードを忘れたら永久に紛失

中島:ここまでがビットコインの特徴で、中身の話をすると、「ウォレット」という電子的な財布があり、「ビットコイン・アドレス」という口座番号のようなものもあります。アドレスは、1つのウォレットから複数が作れるようになっています。

木本:ウォレットとは、最初は何やろうと思ったんです。財布というのはわかりますが、それはどこにあるのかなと。

中島:パソコンやスマホの中ですね。取引所を使う場合には、取引所のウォレットを借りるという形になります。


木本:ウォレットを自分でパソコンの中に作ることができるということなんですか。

中島:専用のアプリをダウンロードしてきて、パソコンに入れればいいのです。


木本:それで、パソコンが壊れたり、スマホを紛失してしまったら、それは、財布を落としたのと同じことにはならないですか。

中島:ウォレットを管理するための秘密のコードがわからなくなったら、ビットコインは永遠になくなってしまいます。

木本:あー、その数字が並んだコードが命なんですね。

なくすのが怖いからと紙に印刷して持っていても…


中島:怖いから紙に打ち出して持っている人がいますが、もしもその紙を失くして数字がわからなくなると、自分のものではなくなってしまいます。

木本:紙に印刷して、なおかつ写メを撮っておかないと大変なことになりますね。

中島:そのとおりです。ビットコインの入手には3つの方法があって、1つは、仮想通貨の取引所で円と交換して買う。2つ目に、お店が商品やサービスの対価として受け取る。3つ目が採掘する。あとで詳しくお話ししますが、これは、複雑な計算に成功すると受け取ることができます。


(構成:高杉公秀)