安枝瞳が古坂大魔王との新婚生活を語った/(C)AbemaTV

写真拡大

12月13日に放送された「フジモンが芸能界から干される前にやりたい10のこと」(AbemaSPECIAL)に、古坂大魔王と結婚したばかりの安枝瞳が登場。古坂との新婚生活について言及した。

【写真を見る】古坂大魔王&安枝瞳夫妻、ピコ太郎&妻・多味さんの4ショット!/※画像はピコ太郎(pikotaro_ppap_official)公式Instagramのスクリーンショットです

同回は「クリスマス直前!幸せな女SP」というテーマで放送。MCをパンサー・向井慧、アシスタントをアイドルユニット・Cheeky Paradeの渡辺亜紗美が務め、ゲストで矢口真里、misono、そして安枝の3人が登場し、藤本敏史とトークを展開した。

世界的にブレークしたアーティスト・ピコ太郎のプロデューサーとしても知られる古坂と結婚した安枝。藤本が交際期間について聞くと、「そうですね。もう4年前くらいから」と明かし、向井が「ピコ太郎さんの動画の声とかも確か…」と続ける。

すると安枝は「私じゃなくて、多味さんなんですけど。ピコ太郎の奥さんが…」と“設定”を説明し、向井は「面倒くせーんだよ!」とツッコミを入れ、笑いを誘った。

「フジモンさんに、どうやったらイイお嫁さんになれるか聞きたい」というお題では、夫である古坂とけんかをしたことがないという安枝が、藤本により良い関係を築くためのアドバイスを求める場面が。

そこで「誰が一番イイ嫁か選手権!」と題して、全員で家事やお世話のうまさを競った。そこで「誰が」と「○○する」のBOXから、引いて出た指令を、藤本を相手に実践してもらうことに。

向井がBOXから引いた最初の指令は「安枝がミルクをあげる」で、安枝は動揺しながらも赤ちゃんに扮(ふん)した藤本に優しく声をかけながら哺乳瓶でミルクを飲ませてあげていた。

それを受け、藤本は「何だろう、すごくエロくない? プレイ感が出ちゃってるから」と恥ずかしさを隠せない様子だった。(ザテレビジョン)