手相は元々あなたの手に刻まれていて、あなた自身の運勢を表すものです。しかし、人生は刻一刻と変わりゆくもの。それに合わせて、手相も常に変化しています。もしも、自分自身で手相を変え、開運できるとしたら……。これほどハッピーなことはありませんよね。


出典:NOSH

そこで今回は、自分自身でセルフ開運できる『幸運の手相づくり“恋愛運編”』をご紹介いたします。

 

■1:マッサージするべき感情線はココ!

あなたが恋愛運を高めたいと考えるなら、小指の下から人差し指や中指に向けて伸びる“感情線”を大切にしてください。感情線は、その人の“恋愛力”を意味する線です。長さはそのまま“気の長さ”を意味しており、短ければ“短気でやや飽きっぽい”、長ければ“一途”であると言えます。また、線の先端が上向きの感情線の持ち主は、気配りが上手で恋人から愛される彼女になるかも。下向きの感情線の場合は、感情を抑えるクールタイプ。もしもマッサージするなら、下から上に向かって揉みほぐすようにしてください。柔和な印象になり、異性からモテやすくなるでしょう。

 

■2:恋愛に結びつく手の場所は親指下の「金星丘」

親指の下部に広がる部位を“金星丘”と言います。ここは“生命力”と“恋するモチベーション”を表すとされる場所。そのため、この金星丘がふっくら発達していると、パワフルでセクシーな魅力に満ち溢れていると言えるでしょう。異性への関心も強く、性欲も旺盛な傾向が。そのため、この部分を指で揉むようにしているとセクシュアルな魅力が高まり、恋愛運がアップしやすくなりますよ。

 

■3:もっと愛され体質になるマッサージ

あなたの感性や性的魅力を表すのが、“金星環”と呼ばれる、人差し指と中指〜小指と薬指に走っている半円形の線。この線を深く刻むことで、相手を虜にする吸引力を身につけることができると言われています。そこで、恋愛運を良くする手相づくりを実践してみましょう。手を開いた状態で手の中指と薬指を90度になるように曲げて、他の指は曲がらないようまっすぐにしておいてください。“金星環”がハッキリと出てくることで、魔性の魅力をもつ女性になれるはず。

 

■4:中指にピンクゴールドのリングをつけると素敵な出会いが!?

マッサージ以外にも、出会い運や結婚運を意味する“中指”にファッションリングをはめるという方法があります。ただし、リングの色はシルバーやゴールドではなく、より女性らしい印象を与える“ピンクゴールド”がおすすめ。素敵な異性から声をかけられる機会が増えていくでしょう。中指の爪は綺麗に切って清潔にしておくと、いっそう効果的。

 

手相は、手を揉みほぐすことによって、血流が良くなり筋肉のコリがほぐれて、徐々に良い相へと変わっていきます。新鮮な運気を全身に行き渡らせるために、自分が今必要としている運気をつかさどる部分のマッサージをしてみましょう。あなた自身で恋愛運の波を作り出していくことができるはずです。(脇田尚揮/ライター)

【関連記事】

※ 男性が行為中に”何となく物足りなさを感じる”瞬間

※ エロすぎっ…♡“男性がそそられる”女性の体型

※ 頑張りすぎていない?手相でわかる“心身の健康状態”