パブロ・クエバス【写真:Getty Images】

写真拡大

「スポーツ界の名珍場面総集編」…5月にテニスで起きたミラクルショット

 2017年のスポーツ界を沸かせた名シーンを連日にわたって振り返る「名珍場面2017」。今回は5月に男子テニスで起きた「仰天の背面ショット」。観客が総立ちとなったミラクルショットが飛び出し、大会公式ツイッターが動画付きで紹介。当時は「ショット・オブ・ザ・イヤー」「キッズたち、家で真似しないで」と大絶賛の嵐となった。

 まさかの仰天ショットを放ったのは、世界ランク27位(当時)のパブロ・クエバス(ウルグアイ)だ。5月のマドリード・オープン準々決勝、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)戦だった。

 第2セット、第2ゲームだった。相手のサービスから始まった攻防はネットプレーとなり、緩いショットでクエバスは前方に引き出された。これをなんとか返したが、ズベレフはガラ空きとなった後方を見逃さず、クエバスの頭上を越えるロブショットを放った。ズベレフのポイントか――。そう思った瞬間、神がかり的なプレーが生まれた。

 クエバスは懸命にターンし、後方に猛ダッシュ。ベースラインを大きく越えたところで、なんとかボールに追いついた。すると、ネットに背を向けたまま、ラケットを体の前から後ろに向かって一閃。ノールックで放たれたショットは相手のサイドライン際へ。これにズベレフは一歩も反応できず、クエバスのポイントとなった。

 会心のショットが決まったのを確認すると、クエバスはネットに背を向けたまま左手を掲げてガッツポーズ。ミラクルショットを目の当たりにした場内は大歓声に包まれ、スタンディングオベーションで称賛の拍手を送るばかりだった。

世界のファンから反響「テニス史に残るポイントだ」

 二度見必至のシーンをは大会公式ツイッターに動画付きで紹介。「ショット・オブ・ザ・イヤー」のコメントを添えたが、衝撃のプレーに世界中から反響が寄せられた。

 全米オープンの公式アカウントは「キッズ達、家でマネしないように」と思わず家の中でマネしたくなるだろうテニス少年たちにユーモアたっぷりに忠告。さらに、ファンからも絶賛のコメントが相次いでいた。

「なんとも言葉で言い表せない瞬間」
「本人もちょっと驚いているね。それにしても信じられない一打だ」
「どうやって?どうすれば?」
「とんでもない一打」
「テニス史に残るポイントだ」

 このプレーで勢いに乗り、逆転勝ちを果たしたクエバス。今季は四大大会では全仏オープン3回戦が最高成績だったが、ブラジルオープンは3連覇を達成。奇想天外のショットで多くのファンを楽しませた。来季はどんなプレーで魅了してくれるのか。楽しみの一つとなりそうだ。(THE ANSWER編集部)