平昌五輪は来年2月9日に開幕する【写真:Getty Images】

写真拡大

目標の110万枚の1/3以下…フォーブス誌が“2つの理由”を分析「韓国は真剣に心配」

 平昌五輪は来年2月9日に開幕する。4年に一度の夢の祭典に向け、日本では連覇が期待されるフィギュアスケートの羽生結弦(ANA)らの活躍に注目が高まっているが、現地ではチケットが売れないという事態に陥り、韓国が本格的に心配し始めているという。米メディアが伝え、“2つの理由”について分析している。

 4年に一度の夢の祭典。平昌を舞台として、韓国では初めて迎える冬季五輪で盛り上がるはずが、実際のところ、チケットの売れ行き不振が深刻のようだ。

 米経済誌「フォーブス」は「五輪のチケット販売不振を韓国は真剣に心配し始めている」と特集を組み、実情を紹介している。

 記事によると、ブルームバーグが12月にレポートした最新情報として、売れたチケットは「目標の110万枚に遠く及ばない33万枚」と目標の1/3以下にとどまり、内訳として「海外の購入者が17万9200枚を手にし、韓国人が16万5000枚を購入している」と紹介。「韓国人と外国人の両方が試合を避ける」と伝えている。

 原因として2つを挙げている。一つは「核の恐怖」だ。「外国人は北朝鮮の脅威におびえている。フランスのスポーツ省やアメリカのニッキー・ヘイリー国連大使は安全保障上の脅威の高まりを受け、韓国に選手を送ることに懸念を表した」と緊迫した朝鮮半島情勢を指摘している。

国際的な集客力の欠如も…「多くの人は韓国を観光するに値しないと考えている」

 もう一つは「国際的な集客力の欠如」としている。「多くの人は韓国、特に東側の農村部を観光するに値しないと考えている」と言及。海外から韓国への観光熱が低下していることを紹介している。

 冬季五輪で最も人気が高いとされるフィギュアスケートなどを中心に集客力を高め、チケット販売を推し進めたいところだが、大会まで70日を切っても依然、苦戦が続いているようだ。

 記事では「ホスト国はたいてい観光熱や認知度の高まりといった長期的な報酬を得ようと努力する。それが無料チケットやビザ障壁の緩和の説明となる。とはいえ、現在のチケット売上は韓国が期待する爆発的な観光熱の高まりを予言してはいない」と締めくくっている。

 とはいえ、大会が目前に差し掛かれば、国内で関心が高まる可能性もある。果たして、韓国で初めて行われる平昌五輪は盛り上がるのか。海外も注目して見守っている。(THE ANSWER編集部)