宮崎・小林秀峰高校の高校生たちが作詞した楽曲「田舎女子高生」

写真拡大

シンガーソグライター・NOBUが、自身の出身地である宮崎・小林市の高校生たちと、小林市のPRソング「田舎女子高生」を制作。この曲のミュージックビデオが、小林市のYouTube公式チャンネルにて公開された。

【写真を見る】「民放の数は2つ」など、リアルな“田舎あるある”が満載!?

PRソング「田舎女子高生」は、小林秀峰高校商業科・経営情報科の3年生24人を対象に行われたワークショップ型プロジェクト「日々のうたごえプロジェクト」の一環として制作された楽曲。

制作に当たっては、小林市出身のNOBUが講師となり、2017年6月から5カ月にわたって高校生に「作詞ワークショップ」を実施。彼らは「高校生のあなたが想う小林市を歌にする」というテーマの下、6つのグループに分かれて作詞に挑戦。出来上がった歌詞にNOBUが曲を付け、6つのデモ楽曲が完成した。

6つの曲は、11月25日に小林秀峰高校で開催されたシークレットライブ「コバ歌バトル」で初披露された。6曲の中からMVにする1曲を選ぶ“投票ライブ”でもあるこのイベントには、全校生徒630人が参加。それぞれの楽曲は、高校生の真っすぐな気持ちをつづった歌詞とNOBUの歌声が見事に合わさって、感動のあまり涙する生徒の姿も見られた。

そんな中から選ばれたのが、4人の女子高生が作詞した「田舎女子高生」。MVは、制作から投票までの様子を収めたドキュメンタリータッチになっており、高校生たちにとって「一見何もないけど大好きな場所」である故郷・小林市の魅力を訴求する内容となっている。

ワークショップの講師を務めたNOBUは「とにかく、小林市の女子高生のリアルを追求しました。『田舎の良いところ』より『田舎への不満』の方が生き生きとした意見が出てきたんです。その先には必ず、いい側面が輝いて見えるはずだと思いました。

曲を最後まで聴くと、『良いこなんてまだわかんねぇ/当たり前過ぎてまじ気づかねぇ」というセリフがあります。ここが重要です。どうか最後まで聴いていただき、このメッセージの意味を感じていただけますと幸いです」と、高校生ならではの目線で切り取られた歌詞の魅力をアピール。

続けて「このような企画に参加させいただき、本当にありがとうございました。高校生の“今”を教えていただいて、自分自身も新しく気付くことがたくさんありました。

小林を離れたからこそ気付くこと、小林にいるから気付くこと、この高校生とのプロジェクトには、それが詰まっております。皆さんも、それぞれの立場だからこそ感じられることがあると思いますので、ぜひ聞いてください」とメッセージを語った。

なお、ワークショップで制作された楽曲6曲は、てなんど小林プロジェクトホームページ「日々のうたごえプロジェクト」特設コンテンツとして公開中。そちらもぜひ聞いてみよう。(ザテレビジョン)