開始早々にPKを獲得した伊東だったが、徐々に勢いを失う。得意のドリブルも対策に遭った。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[E-1選手権]日本 1-4 韓国/12月16日/味の素スタジアム
 
 日本代表は12月16日、E-1選手権の最終戦で韓国と戦い、1-4の惨敗を喫した。
 
 序盤にペースを握ったのは日本だった。開始早々、快足を飛ばして相手の背後を突いた伊東純也がDFに倒されてPKを獲得。これを小林悠が決めて、3分に先制点を奪ったのだ。
 
 しかし、その後13分に同点ゴールを与えると、途端に勢いを失い計4失点。あまりにも無残な形でライバルとの一戦を落とした。
 
 1点目につながるPKを獲得した伊東も、チームとともに徐々にトーンダウン。持ち前のスピードを活かす機会は減少し、ドリブルも相手に阻止される場面が目についた。
 
「入りは良かったですけど、そこから自分たちの勢いに乗れなくて、すぐに相手にペースを掴まれた。そこからロングボールが多くなって、相手のやりやすい展開に持って行かれてしまった」
 
 伊東は試合をそう振り返る。特に流れを掴みかけた前半序盤の同点ゴールは痛恨だっただろう。その失点シーンに伊東は代表チームならではの障害を感じていた。
 
「監督に『相手のサイドバックには責任を持ってついていけ』と言われていたので、低いポジショニングになってしまった。1点目の失点シーンも、自分のところで2対1の数的優位の状況を作りながらも、クロスを上げられてしまった。出て良いのか、出てはいけないのか、その判断を迷った。コミュニケーションの面でも、(植田)直通はサイドバックで2試合目ですし、そういった難しさはあった」
 
 急造チームとなる代表では当然、連係面でクラブとは差が出てしまう。伊東はなにより「それが代表の難しさ」だと痛感させられたようだ。

【日本代表PHOTO】E-1選手権・第3戦の韓国戦。4失点の惨敗で優勝ならず…