Image: The Late Late Show with James Corden/YouTube

レジェンドによるOculus Touchさばきを見てみよう!

深夜のトーク番組『レイト×2ショー with ジェームズ・コーデン』に、1970年代からアニメーターとして活躍しているGlen Keane(グレン・キーン)氏が招かれ、GoogleのVRイラストレーションアプリ、Tilt BrushでVRゴーグル越しに『リトル・マーメイド』の主人公、アリエルを描きました。

ディズニーにいたキーン氏は、ほかにも『美女と野獣』や『アラジン』、『塔の上のラプンツェル』などでも腕を振るった伝説級の人物なんです。

手慣れた感じでサラサラとできあがっていくアリエル。スケッチ程度のクオリティーですが、たった3分弱で立体感と躍動感溢れる作品が誕生しました。これには会場も総立ちで拍手喝采!

アリエルは「不可能は可能である」と信じているキャラクターであることから、キーンさんのお気に入りなんだそう。ともにゲストとして呼ばれた 元NBAのコービー・ブライアント選手も「間近で作業が見られるだなんてとても光栄だ」と話します。

もうおわかりかと思いますが、「Tilt Brush」は、VR空間に立体的な絵が描けるソフトです。これまでにも、たった1分間記憶しただけで日産マイクラ(日本名:マーチ)を描く建築画家が使用したり、60名以上の芸術家に作品を作ってもらうプログラムを発表したりと、ユニークな挑戦をしてきました。

やはりプロが使うと、構図や奥行きもダイナミックでエンターテイメント性の高い作品ができることがよくわかりました。本当に素晴らしい!

Image: YouTube
Source: Tilt Brush, YouTube, Wikipedia(1, 2)

(岡本玄介)