12月16日に放送された『SONGS』(NHK総合)に、ゲストとして、松たか子と高橋一生が出演した。

参考:『カルテット』は“性愛”をどう捉えたかーー“唐揚げ問題”が示す、新たな家族のカタチ

 二人はドラマ『カルテット』(TBS系)で本格的に共演。音楽家の夢を諦めきれない4人の共同生活。謎めいた会話劇が人気を集めた。

 松から見た高橋の印象から、『SONGS』今回の本格的なトークが始まった。事前に松へのインタビューVTRでは、番組スタッフから、「高橋一生さんを一言で言い表すと」と質問されると、松は「まだまだ闇を抱えているんじゃないかな」と発言。高橋の大きな笑いを誘った。続けて松は、「自分の話題や経験、体験から、本当にどこまで何を知っているの? みたいに、何を言っても返してくれるし、とても不思議な、つかみどころのないような人ですね」。それからスタジオでの会話に戻る。高橋は「その通りですね。自分では気づかないんですけど、闇が深いんでしょうね」と笑い混じりに答えた。続けて、「僕はベラベラしゃべっちゃうんで、松さん聞いてくれてると、乗ってくれてるんだと思って、そうしちゃいますね」。

 今度は、逆に「松さんを一言で表すとどんな女性ですか」と番組スタッフに高橋が問われると、「距離の遠さと近さっていうのが共存してる人。ちょっとお姉ちゃんみたいなところもあるし、可愛くて妹みたいなところもあるし、邪悪なときもある。たまに目の奥の光がふっと消えるときがあって、恐くなるときもありますね」と笑いを交えながら答えると、松も「お互い闇はあるかもしれないですね」と笑いながら返す。高橋は「それぞれお互いにある邪悪さとか、ある暗い部分だったりがないと、人って『自分には闇があるわけないじゃん』って思っちゃうし、色んな人生の役をやっていくわけで、こう自分の闇を使っていかないと、演技を乗り切れない部分ってあると思いますね」と、独自の演技論についても語った。

 続いて、二人の演技の原点、またトークの間に松の歌唱もはさみながら、二人の音楽家としての原点も語られる。

 最後に、『カルテット』の脚本家・坂元裕二の作詞についても触れる。坂元は、松たか子のデビュー曲『明日、春が来たら』の作詞を手がけていた。松はそれについて、「『明日、春が来たら』は甘酸っぱい思い出だったり、青春だったり、自分にはない部活動のキュンってやつの詞の世界だった」と話す。それから20年が経ち、2018年1月20日公開の映画「嘘を愛する女」の主題歌『つなぐもの』の歌詞も再び書いてもらったことについて、松は、「(坂元から)『こういう言葉を言ってみて』と言われ、はぁと思って、1回でも1年でも長く多く歌っていける歌が自分にも作れたらいいなと思う中で、あの曲を書いてもらったなという感謝はあります」と語り、坂元が松の言葉にインスパイアされて書いた経緯についても触れた。『つなぐもの』を聞いたときの高橋は、「大阪で聞いたのかな。ちょっと僕はうるうるしちゃいましたね」と返し、それからヘビーローテーションしていることも伝えた。

 次回、年明け1月4日の放送では、さだまさしが出演。「長いけどすごい歌、集めました」といったテーマだ。

(梅澤亮介)