サイズ以外はほぼ本物と同じリング

写真拡大

 プロレスは懐が深いジャンルだ。一部のタイトルマッチをのぞき、年齢や体重による制限は無く、男女が闘うことだってある。今回はある意味で究極の無差別級といえる「ロボットプロレス」を紹介しよう。

 日本には二つのロボットプロレス団体(プロモーション)が存在する。ひとつは2008年に埼玉で設立された「できんのか!」、もうひとつが今回紹介する大阪の「チームばんび」だ。今回は今年11月11日におこなわれた旗揚げ1周年記念大会のもようを伝えよう。

 大会は大阪・アジア太平洋トレードセンターでの「関西オープンフォーラム2017」内で開催された。オープンソースソフトウェアの活用例を紹介するブースや、AIや開発手法についての講演など、非常にテクニカルなイベントだ。

 技術解説のブースが立ち並ぶ中ひときわ目をひくものがある。2m四方のリングだ。鉄柱やロープはもちろん、リング脇には入場ゲートまで設けられている。ニシキ工業(名古屋市)による一品物だ。

◆ オープニングセレモニーからロボット登場

 まず選手・スタッフの無事の祈願がリング上でとりおこなわれる。鳥居が設置され、巫女型ロボット「AMATERAS」が御幣をふるい一礼する。

 そして、オープニングマッチだ。音楽にのり選手がゲートから入場。さすがにリングインはセコンド(人間)の手を借りるが、堂々たる姿だ。両腕をふって観客を煽るのは、人間のプロレスラーとまったく同じだ。

 相手をダウンさせれば得点となり、スコアで勝敗を決するポイント制ルールの試合だ。闘うのは「シンプルファイター」と「ワルー」の2選手。ロボットというと重厚なイメージを抱くが、両選手のステップは軽やかだ。機械音をあげながら、相手に向かっていく。

 ファーストコンタクトはシンプルファイターのパンチ。しかし勢いあまって転倒してしまう。セコンドが起こすかと思いきや、自分で手をついて難なく立ち上がるのに驚かされた。

 その驚きも消えぬ間に、つぎの衝撃がやってくる。シンプルファイターは片足をついて、もう片足を高くあげ相手を蹴り抜いた。プロレスでいう「スーパーキック」だ。さらにアッパーカットで相手をリングから落とし、観客へアピールする。

◆そして、ロボット同士の熾烈な闘いが始まる!

 しかしワルーはリングへ戻ると、客へのアピールに夢中になっているメタリックファイターの背後をとる。そして両腕で相手を抱え込んで後方へ反り投げた。

 数あるプロレス技の中でも最も美しいもののひとつ「ジャーマンスープレックス」だ。しかもツマ先立ちで綺麗にブリッジして美しいアーチを描く、正調のジャーマンだ。

 オープニングマッチで観客の心をつかんだ後は、個性豊かなロボットレスラーたちが次々と現れていく。侍型の「赤風」が鮮やかな十字切りを見せれば、その名の通りの髪型の「アフロ」が頭からシャボン玉を放出し(ただし相手の平安貴族風キャラクターの「トコトコ丸」に扇子であおがれ防がれる)、楽しくも激しい試合が繰り広げられる。

 メインイベントは「Metallic Fighter」と「ビリにゃん・キッド」のシングルマッチ。途中で他の選手が乱入。急きょタッグマッチに変更されたが、これはローカルプロレスでしばしば見られる光景だ。

 全4試合が終了し、最後は記念撮影だ。ローカルプロレスの興行では選手が子どもファンに抱っこサービスをすることがあるが、ロボットプロレスでは逆に子どもが選手を抱くのが微笑ましい。

◆プロレスの魅力を伝えるためのロボットプロレス

 団体主宰者であり、ロボットユーザーの「ねこ♪」氏は、小学校1年で大阪プロレスに夢中になり、6年でロボット制作を始めた。

 大学進学後に「チームばんび」を名乗り活動開始。小学生の頃からのヒーローだったプロレスラー「ビリーケン・キッド」に声を入れてもらった「ビリにゃん・キッド」をデビューさせ、大学3年時に旗揚げ興行を開催した。

 興行に参戦するのは、いずれも高いロボット技術をもつ者ばかり。ロボットを設計し組み上げ、動作パターンも作成して操縦までしている。彼らの技術がより伝わるように、観客がより楽しめるように、プロレスファンのねこ♪氏がプロデュースをおこなっている。

 チームばんびのリングマットの色はピンクだ。それは彼女のプロレス人生のルーツ・大阪プロレスがかつて使っていた色だ。他にも入場ゲートやレフェリーロボットなどいたるところに大阪プロレスを彷彿とさせる要素が満ちあふれている。

 目的は「ロボットプロレスでプロレスの魅力を広めること」だという。あくまでロボットプロレスは手段で、人間がするプロレスを観てほしいという。それは彼女がプロレスから受けた感動や勇気に対する、彼女なりの恩返しなのだ。

 機会があれば、ぜひロボットプロレスを観てほしい。「血湧き肉躍る」闘いがそこにある。

<文・たこやきマシン>

【たこ焼きマシン】
名古屋在住のローカルプロレス探求家。ローカルプロレスファンサイトたこ焼きマシン.com、スーパーたこ焼きマシン.comを運営。北海道から沖縄、台湾まで未知のプロレスを求め観戦に遠征する。ご当地プロレスラーガイドブック『ローカルプロレスラー図鑑』をクラウドファンディングで発行。オンラインストア。元・小中学校教員、障害者職業能力開発校講師。夢は世界中すべてのご当地プロレスを観戦しての『ワールドローカルプロレスラー図鑑』制作。