安倍晋三首相(左)と昭恵夫人(右)(写真:AFP/アフロ)

写真拡大

 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。

 12月9日、国会が閉会しました。それを受けて、多くの議員は地元に戻って地元活動に精を出します。陳情の方たちもほとんどいないので、来客も少なく、議員会館は静かになります。

 閉会中の楽しみは、やはりランチタイムです。会期中はサンドイッチやおにぎりを秒速で食べている秘書たちですが、今は近くのレストランまで足を延ばして“ランチ女子会”を楽しむ光景がよく見られます。

 先日、神澤も首相官邸を見下ろせるレストランでランチタイムの女子会を楽しんできました。おいしいものをゆっくり食べながらダラダラ話すだけで楽しいのですが、自然と政治家ネタになってしまうのは職業病ですね。

 周囲の会社員たちも、私たちのコアな会話に聞き耳を立てている感じです。

●永田町の今年の漢字は「淫」か「悪」?

「2017年の漢字は『北』だってね。ヒネリなさすぎ。これだけ不倫ネタが多かったんだから、偽善の『偽』とかになるかと思ったんだけどな」

 神澤より少し先輩のナツミさんがこう言うと、マキさんがすぐにダメ出ししました。

「『偽』は何年か前に選ばれてたよ。不倫なら、『淫』とか『悪』のほうがそれっぽくない?」

「でも、『淫』はちょっとストレートすぎませんか?」

 神澤がそう言うと、マキさんは「そりゃそうだね」と納得。「小さな子に『この字、どういう意味?』って聞かれると困っちゃうよね。子どもに『コッカイって何してるの?』って聞かれて、まさか『不倫』とは言えないしねぇ」

「確かに(笑)。でも、若狭(勝/元衆議院議員)は『国会議員の3分の1は不倫をしている』ってテレビでコメントしたらしいですよ」

 すると、ナツミさんが「私のまわりでも、議員とデキてる秘書、確かにいるもんね」と一言。

「マジー? 気持ち悪〜」

 神澤とマキさんが声をそろえると、隣席の会社員グループが会話を止めて、こちらを見ました。

「神澤も『愛人顔』って言われてるんだから、誰かの愛人だったんじゃないのー?」

「え、私ですか? 愛人顔じゃないですよー」

「でもさ、少し前まで永田町では愛人の存在は普通って感じだったよね。議員によっては、世間的に公認の愛人もいたしね」

「そうそう。たいてい『妻も公認の愛人』が金庫を守ってたよね」

「ですね。安心してお金を預けられるようになると、公認になるのかもしれませんね」

「でも、今はなんかコソコソしてるよね。とっくにバレてるのに(笑)」

「文春や新潮の記者さんも、いろんな議員事務所に出入りして情報を集めてるよね」

「次のターゲットは、○○議員らしいですよ」

「尾行態勢の話を聞いたら、すごかったよ。『狙われたら絶対にまけないなぁ』って思った」

●安倍総理、ついに昭恵夫人を一喝?

 隣の会社員グループの表情がどんどん変わっているのがわかりましたが、秘書たちのガールズトークはさらにエスカレートしていきました。

「また、アッキー(安倍昭恵/総理夫人)がやらかしたらしいよ。パーティーで食前酒をおかわりしたり、もう中締めをした後なのに飲むのをやめなかったりして、総理に怒られたってさ」

「あの夫婦、ヘンですよね」

「民進党の解党、(大塚耕平)代表は『一言もそんなこと言ってない』って。相変わらず、マスコミは自分たちの思い通りに持っていこうとするから怖いよね」

「最近、枝野(幸男/立憲民主党)代表の『嫌いな議員ランキング』が変わったらしいよ」

「昔の敵とも会ってるってね。あの人の好き嫌いも激しいよね」

「関係ないけど、最近は元グラビアの子、見ないよね。まだ、選挙後の就職先が見つかってないのかな?」

 こんなよもやま話が繰り広げられ、そのうち「もし、議員と結婚するなら誰がいい?」という話まで飛び出しました。

「やっぱり、小泉進次郎のカッコよさはダントツ!」

「でも、忙しくてほとんど家にいないよ」

「それに、どうしても身長が気になっちゃうかも」

「衆議院の正面側の階段ですれ違ったときは、キュン死しそうになったよ(笑)」

 小泉議員、本当にすみません……。盛り上がっていると、デザートとコーヒーが運ばれてきました。

「それにしても、この1年は大変だったね」

 ナツミさんが、しみじみと言いました。

「いきなりの総選挙には、まいったね。でも、予算編成もクリスマスまでに終わりそうだし、年末年始は旅行に行けそう」

「マキはいいなー。うちは元日から賀詞交換があるから、地元に手伝いに行かないとなんだよ」

「ほんと、元日からはキツいですよね。でも、今日はゆっくりできましたね。クリスマス女子会も、できればお願いします」

 静かに年越ししたいものですが、「アメリカがクリスマスに北朝鮮に宣戦布告するかもしれない」という話も聞こえてきています。

 でも、世間は相撲協会の話題ばかりで、まるで北朝鮮問題に国民の関心が向かないようにしているかのようです。その相撲協会も、国民から見放されてしまいそうで心配です。

 なにはともあれ、激動だった神澤の1年ももうすぐ終わりそうです。ありがとうございました。みなさま、よいお年を。
(文=神澤志万/国会議員秘書)