悔しさをにじませたハリルホジッチ監督 photo/Getty Images

写真拡大

日本代表は16日、『EAFF E-1サッカー選手権2017 決勝大会(東アジア選手権)』の最終戦で韓国代表と対戦した。日本はキックオフ直後にFW小林悠のPK弾で先制するも、その後痛恨の4失点。宿敵・韓国に1-4で逆転負けを喫し、2大会ぶり2度目の優勝を逃すこととなった。

試合後、インタビューに応じた日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「韓国の方がパワー、瞬発力、技術、ゲームコントロールと全ての面で日本を大きく上回っていた。韓国を称えるしかない」と完敗を認めた。JFA(日本サッカー協会)の公式サイトが伝えている。

そして「我々は1点を獲った後、試合が止まってしまい、韓国に全ての面で支配されてしまった。ハーフタイムには選手たちを鼓舞して、『形を崩さずに2点目を取りに行こう、結果を残すために、まず1点を獲ろう』と伝えたが、技術的なミスが多く、そういう展開にできなかった。ホームで相手に支配されてパワーを使われたのはなぜか、分析しなくてはいけない。この結果は私にとっても残念」と悔しさをにじませた。

ただ「ワールドカップは別もの」としつつ「今大会で2勝したのは一定の結果で素晴らしいと思うし、選手たちのテストも1つの目的で21人がピッチに立った。この中で誰がロシアへ行けるのか、分析していく」と語っている。

はたして、今大会でプレイした選手からロシア行きの権利を得るものは現れるのか。今後の動向にも注目が集まる。