マリナーズ時代のイチロー【写真:Getty Images】

写真拡大

メジャー1年目、「レーザービーム」の語源となった伝説のプレーをMLB公式特集

 今季はマーリンズに所属し、メジャー17年目のシーズンを終えたイチロー外野手。シーズン最多安打記録、メジャー通算3000安打など数々の歴史的な記録を打ち立ててきたが、MLB公式はメジャー1年目に全米の度肝を抜いた「伝説のレーザービーム」に脚光。同じ年に生まれた当時エクスポズのブラディミール・ゲレーロ外野手と「イチローとブラッド、どっちがうまかった?」と動画で公開し、米ファンから「教科書のようなプレー」「『ザ・スロー』は一流だ」などとイチローに称賛の声が上がっている。

【PR】子供の発熱、公園遊び、お出かけ… 親子でありがたい水分補給アイテムは?

「ICHIRO」の名が全米に知れ渡ったあの日の興奮が甦ってくるようだ。動画で公開されたのは、2001年4月11日のアスレチックス戦だった。

 8回1死一塁、ライト前の安打にチャージをかけ、捕球したのがイチローだ。一塁走者は二塁を蹴って三塁へ。深い位置から前進し、拾い上げた背番号51は、勢いそのままに右腕を振り抜いた。そして、放たれた白球は信じられない軌道を描く。中継に入って手を挙げた遊撃手の頭上を越え、なんとノーバウンドで三塁手のミットへ。これ以上ない間一髪でアウトにしてみせたのだ。

 まさかの光景に、後のレンジャーズ監督のロン・ワシントン三塁コーチは呆然と立ち尽くした。その一部始終を動画で公開。映像を観ると、騒然とするスタジアムで実況は「イチローのレーザービームだ!」と絶叫。これが、後に代名詞となる「レーザービーム」の語源とされ、日本でも外野手が強肩を披露した時に使われるようになったとされている。

ファンから称賛続々「誰も近しいことすらできないからイチロー」

 イチローは4月2日にメジャーデビューしたばかり。細身の外野手の能力に懐疑的な目もあったが、このワンプレーに全米は度肝を抜かれ、名前が広がる要因の一つとなった。動画では同じくメジャー屈指の強肩で鳴らしたゲレーロが同じ年に演じた中堅から本塁への驚異のノーバウンド送球とともに「イチローとブラッド、どっちが上手かった?」とファンに投げかけている。

 コメント欄では「イチロー」「ブラッド」とそれぞれの声が上がり、イチロー派は思い思いに称賛の言葉を投げかけていた。

「上手い選手と上手い送球、どっちのことかな? 上手い選手ならイチロー、上手い送球ならブラッドだ」
「もちろん…楽勝でイチロー!」
「イチローの成すべきことを成す教科書のようなプレー」
「誰も近しいことすらできないからイチロー」

 ほかにも、甲乙つけがたいファンから「どっちもすごい送球…」「私の大好きな送球2つだ」、ブラッド派のなかでも「でも、イチローの『ザ・スロー』は一流だ、彼の最初のMLBハイライトだ」と拍手を送る者もいた。

 イチローは今年で44歳を迎え、出番は少なくなっても、こうしてメジャー1年目に果たした「伝説のレーザービーム」が脚光を浴びるのは、メジャーのファンの心の中に「ICHIRO」がしっかりと刻まれていることの裏返しでもある。(THE ANSWER編集部)