映画『銀魂』続編、佐藤二朗が“武市変平太ではない役”で出演 「橋本環奈よ。神楽は俺に任せるアル」

写真拡大

 2018年夏に公開される『銀魂 パート2(仮)』に、佐藤二朗が出演することが決定した。

参考:小栗旬『銀魂』ヒットの要因は“脇役の濃さ”にあり? ご長寿漫画・アニメ特有の人物描写作法を読む

 先日、主人公の坂田銀時を演じた小栗旬と、福田雄一監督が登壇し行われた “ブルーレイ&DVDリリース記念トークイベント”で、『銀魂 パート2(仮)』の制作決定が発表され、「ジャンプフェスタ2018」にて続報が発表されることが告知されていた。佐藤の出演は、その予告どおり、本日12月17日に行われた、「ジャンプフェスタ2018」ジャンプスーパーステージの『銀魂』ステージにて明かされた。

 スーパーステージに登壇したのは、アニメ『銀魂』シリーズで主人公・坂田銀時の声を務める杉田智和、志村新八の声を担当している阪口大助、神楽の声を務めている釘宮理恵の3名。彼らと来場者に向けて贈られた小栗と福田によるビデオメッセージ内で、佐藤二朗の出演決定が明かされ、さらに、前作で佐藤が演じた、銀時たちに立ちはだかる敵・高杉晋助(堂本剛)率いる攘夷過激派武装集団“鬼兵隊”の武市変平太とは異なる役柄で出演するとの情報も。

 映像内で福田の口から佐藤の出演が発表されると、場内は笑いで包まれ、小栗も思わず「いる? この情報?(笑)どうせこんなこったろうと思ったよ(笑)」と笑顔をこぼす。福田監督は「“武市変平太は出ないけども、佐藤二朗は出る”というヒントで(銀魂の多数のエピソードの中の)何篇かを想像していただけると非常にありがたいです」とメッセージを贈り、今後の続報への期待を煽らせた。

 実写映画『銀魂』は、累計発行部数5,100万部を超える空知英秋の同名コミックを映画化したアクションエンターテインメント。福田監督と主演の小栗がタッグを組み、今回パート2への出演が発表された佐藤以外に、菅田将暉、橋本環奈、柳楽優弥、長澤まさみ、岡田将生、堂本剛らが出演した。

【佐藤二朗 コメント】『銀魂 パート2(仮)』で、「武市変平太は出ないが佐藤二朗は出る」との情報。そして続編決定の次に、俺の出演が発表されたという事実。この2つから推察される答えはただ1つ。俺の役は間違いなく、「神楽」だ。ちょっとそれ以外考えられない。いいだろう。心の準備はできている。橋本環奈よ。神楽は俺に任せるアル。前回空知先生から「佐藤二朗だけは原作を知らずに自由にやってよい」とのお言葉を頂いたが、神楽を演じるならそうもいかないアル。原作を熟読熟知し、原作ファンの皆様から「神楽の再現度、神」と言われたい。仏だが神と言われたい。俳優人生を賭けた「神楽」を楽しみに待ってろアル。

(リアルサウンド編集部)