年末企画:宇野維正の「2017年 年間ベスト映画TOP10」

写真拡大

 リアルサウンド映画部のレギュラー執筆陣が、年末まで日替わりで発表する2017年の年間ベスト企画。映画、国内ドラマ、海外ドラマ、アニメの4つのカテゴリーに加え、今年輝いた俳優たちも紹介。映画の場合は2017年に日本で劇場公開された(Netflixオリジナル映画は含む)洋邦の作品から、執筆者が独自の観点で10本をセレクト。第2回の選者は、映画・音楽ジャーナリストの宇野維正。(編集部)

参考:『最後のジェダイ』一強の正月興行に 一矢報いるのはどの作品か?

1. 『メッセージ』2. 『ゲット・アウト』3. 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』4. 『ラ・ラ・ランド』5. 『パーソナル・ショッパー』6. 『オクジャ/okja』7. 『ウィッチ』8. 『ノクターナル・アニマルズ』9. 『ムーンライト』10. 『哭声/コクソン』

 映画と同じ情熱でテレビシリーズを追っていると(というか、この時代にそうじゃない人が平然と映画を語っていること自体が信じ難いのだが)、日本公開を基準に選んだ上記10本のうち、製作年が2017年の作品がNetflix『オクジャ』を除いて『ゲット・アウト』と『最後のジェダイ』の2本だけという事実に少々脱力してしまう。ちなみにテレビシリーズの今年のマイ・ベストを記すと、1位『ベター・コール・ソウル』S3、2位『マスター・オブ・ゼロ』S2、3位『ストレンジャー・シングス』S2、4位『マインドハンター』、5位『アトランタ』、6位『13の理由』、7位『ナイト・オブ・キリング』、8位『ビッグ・リトル・ライズ』、9位『オザークへようこそ』、10位『ナルコス』S3。この中で日本での初放送/配信が本国から大きく遅れたのは『アトランタ』と『ナイト・オブ・キリング』だけ。作品のテーマ選びや完成度だけでなく、日本にいるとそこに「時差」まで加算されて、「映画がテレビシリーズを追いかけている」ことを実感せずにはいられない1年だった。

 自分が指摘したいのは「テレビシリーズが映画を超えた」ということではなく、PEAK TV(テレビ全盛期)と言われるようになって早数年、このところ作劇やアクター発掘の面でのテレビシリーズからの影響が、映画界全体の底上げに貢献しているということ。今年観た映画には「まるでテレビシリーズみたいに精密な作劇だな」と思わされる作品や「あのテレビシリーズの俳優だ」と気づかされる作品がとても多かった。映画界とテレビ界の両方で分け隔てなく仕事をするのが当たり前となった、第一線にいる監督たちの近年の動向については言うまでもないだろう。上記10本の監督の中で、今後も当分はテレビシリーズを手がけそうにないのはドゥニ・ヴィルヌーヴとトム・フォードくらいか。

 そんな時代を的確にとらえて、主にアート作品とホラー作品の2つのジャンルに注力することで「映画にしかできないこと」を挑戦的に提示しているA24の製作/配給作品が、その一部しか日本公開されていないのは残念だ。本国公開から1年半後にようやく日本公開された「ウィッチ」(7位に選出)のほか、“It Comes At Night”や“A Ghost Story”も昨今のポスト・ホラー・ムーブメントを語る上で重要な作品。来年もチャンス・ザ・ラッパーが主演する“Slice”、デヴィッド・ロバート・ミッチェル監督(『アメリカン・スリープオーバー』『イット・フォローズ』)の新作“Under the Silver Lake”など目玉作品が控えているので、日本の配給会社には積極的な動きを期待したい。

 「日本で映画を観ること」に特権があるとしたら、それはたくさんの日本映画をリアルタイムで観られることだが、今年は昨年と比べると全体的に停滞気味(特にメジャーの作品)。そんな中、強く印象に残ったのは吉田大八監督『美しい星』と白石和彌監督『彼女がその名を知らない鳥たち』。両監督とも年明けに新作が控えている(白石和彌監督は上半期だけで2本)ので注目を。来年は「日本映画が1本もないベスト10」とならないことを願っている。(宇野維正)