日本代表、韓国に惨敗…「衝撃の日韓戦」を韓国メディアはどう報じた?

写真拡大

東アジアの3か国で争われたE1。北朝鮮、中国に連勝した日本代表だったが、韓国との最終戦に敗れ優勝を逃した。

1-4という大差で敗れた後、ヴァヒド・ハリルホジッチ監督は「韓国が日本より強いことは試合前から分かっていた。韓国のほうが格上」などと述べていた。

日本にとってショッキングだったこの大敗を韓国メディアはどう伝えていたのか調べてみた。

▼スポーツ韓国

韓国代表が通算78度目の日韓戦で痛快な「東京大勝」に飾り、東アジア最強の地位に上がった。

日本は今大会にAマッチ経験の少ない若手選手たちを中心にチームを作った。 一方、韓国もヨーロッパにいる主軸選手が抜けたのは同じだが、Kリーグの精鋭メンバーを招集。 

試合前から韓国がやや優勢になることは予想はされたが、4-1の楽勝は意外である。

韓国が日本に勝利したのは、2010年5月以来7年7ヶ月ぶり。ここ最近、韓国は日本と対戦で5試合連続勝利なし(3分け2敗)だった。

韓国が日本相手に3ゴールを奪ったのは、1972年(3-0)以来45年ぶり。また、日本相手に4ゴールを決めたのは、1979年6月(4-1)以来38年ぶり。日本への遠征で4ゴール以上を決めたのは、1954年3月のスイス・ワールドカップ最終予選(5-1)以来63年ぶり。

【次ページ】2764日とは

▼中央日報「日本の沈黙させた韓国サッカー」

2764日。韓国代表が日本との試合でもう一つの乗数を追加するまでにかかった時間だ(勝利するまでに掛かった時間?)。

選手たちの闘志と組織的な動きによって、韓国は敵地で気持ちの良い勝利を収めた。スタジアムを訪れた3万人の日本の観衆たちを沈黙させた。

韓国は日本との通算戦績で、40勝23分14敗と優勢だ。だが、2010年5月の親善試合以来、7年以上日本に勝利を収めていなかった。

▼朝鮮日報「完璧な攻撃誇った韓国」

シン・テヨン号は日韓戦で感激するような大勝を味わった。通算78度目の対決で、韓国は完璧なパフォーマンスを見せつけた。

(前半の)韓国は一方的に日本を固め打ち。日本は韓国の攻撃に何もできずなす術がなかった。

この試合で韓国は日本と通算戦績が、41勝23分14敗に。2010年以来7年ぶりの勝利でもある。

【次ページ】日本についての見逃してはならない点

▼THE FACT

(序盤に先制される)困難な状況をシン・テヨン号はよく克服した。 自信を持ちながらも落ち着いて冷静に、日韓戦逆転勝ちを成し遂げた。

後半半ばまで2ゴール差を維持し、体力もある程度維持しながら決定打を日本に浴びせた。

2010年5月24日に2-0で勝利して以降、7年6ヶ月(6試合)ぶりに日韓戦勝利を収めた。

(今大会で)得たことも多いが、確かな“宿題”も見つかった。

中国と北朝鮮戦で明らかになった後半中盤以降の体力的問題、守備における瞬間的な集中力の低下、ゲームにおけるインテンシティの制御失敗などが解決すべき課題として残った。 

日本にはホームアドバンテージがあったが、10人以上の主軸選手がいなかった点も見逃してはならない。 

日韓戦勝利と優勝の意味は小さくないが、それに酔いすぎては困るという指摘が頭を持ち上げる理由だ。

2017年のAマッチは全て終わった。 振り返ると韓国代表の2017年は「波乱」という言葉がぴったり合っている。