代表2試合目は散々な結果に。中村はビッグセーブでチームを勝利に導けなかった。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大

[E-1選手権]日本 1-4 韓国/12月16日/味の素スタジアム
 
 E-1選手権の優勝が懸かった重要な一戦でゴールマウスを守ったのは、2試合前に代表初キャップを刻んだばかりの中村航輔だった。
 
 2試合連続での無失点が期待されたが、13分に打点の高いヘディングで同点弾を見舞われると、23分には強烈なFKで逆転ゴールを決められた。その後も35分、69分に失点を喫し、終わってみれば4失点。完封に抑えて鮮烈デビューを飾った北朝鮮戦とはうって変わって、韓国戦は見るも無残な結果となってしまった。
 
「悔しいし、情けない。そういう想いです」
 
 中村はひと言、そう振り返る。
 
 北朝鮮戦では、守備陣のミスを帳消しにするファインセーブが目立ったものの、韓国戦での見せ場は12分のFKの場面でヘディングシュートを止めたくらい。敗戦ムードを払しょくするような、真骨頂のビッグセーブは見せられなかった
 
 本人も少なからず責任を感じているようで、「(4失点した)原因を突き詰めれば数多くあると思います。けれど、自分が結果を変えられれば……」と後悔の念を口にした。
 
 ただ中村にとってこのE-1選手権は、まさに天国と地獄のいずれも経験できた、ある意味で有意義な大会となっただろう。ロシア行きに向けて、この敗戦を糧に這い上がれるか。22歳の守護神の反骨心に期待したい。

【日本代表PHOTO】E-1選手権・第3戦の韓国戦。4失点の惨敗で優勝ならず…