「黒ごま麻婆豆腐」 レタスクラブニュースより/料理:重信初江 撮影:野口健志

写真拡大

しょうがやにんにく、ねぎといった香味野菜が贅沢に香り、豆腐のやわらかな食感を楽しめる麻婆豆腐。定番の麻婆豆腐もおいしいですが、今回はちょっとひねったアレンジバージョンをご紹介。新たなおいしさが楽しめますよ。

ほかにもいっぱい!「麻婆豆腐のレシピ」をチェック!

 

■ 【黒ごま麻婆豆腐】(287Kcal、塩分2.8g)

<材料・2人分>

合いびき肉 100g、絹ごし豆腐 1丁(約300g)、万能ねぎ 1/5束、黒すりごま 大さじ2、煮汁(みそ 大さじ1と1/2、しょうゆ 大さじ1/2、おろししょうが 小さじ1、おろしにんにく、豆板醤〔トウバンジャン〕 各小さじ1/2、水 1カップ)、水溶き片栗粉(片栗粉 大さじ1/2、水 大さじ1)

<作り方>

1. 豆腐はペーパータオルで包み、約15分おいて水きりし、1cm角に切る。万能ねぎは1cm幅に切る。

2. フライパンに煮汁の材料を入れ、ひき肉を加え、木べらでほぐしながら火にかける。煮立ったらアクを取って豆腐を加え、弱火にして2〜3分煮る。ひき肉は煮ながらほぐせばパラパラになるので、油で炒めなくてもよい。

3. 水溶き片栗粉を回し入れる。とろみがついたら、万能ねぎ、ごまを加えてさっと混ぜる。

黒すりごまをたっぷり入れているので、風味豊か。豆板醤のピリリとした辛みが食欲をそそります。煮くずれを防ぐため、煮汁に豆腐を入れたらあまりかき混ぜないようにしてくださいね。

 

■ 【オイスター麻婆豆腐】

砂糖やしょうゆに加え、オイスターソースを入れてコクをアップ。豆腐にしみ込んだうまみがたまりません。

 

■ 【みぞれ麻婆豆腐】

大根おろしは最後に軽く温める程度でOK。味わいを活かすため、あんにも大根おろしの汁を足しましょう。

 

■ 【チリ麻婆豆腐】

2〜3cm角のざく切りにしたトマトが味の決め手です。酸みとさわやかさを演出し、さっぱりとした仕上がりに。

 

■ 【しょうがみその麻婆豆腐】

子どもも喜ぶマイルドな辛さ。多めに加えたしょうががきいていて、体もぽかぽかと温まります。

 

せっかく調味料を計ってきちんと作っても、豆腐の水きりがあまいと水っぽくなってしまいます。ざるにのせたり、ペーパータオルに包んで電子レンジで加熱したりして、しっかり水きりをしましょう。(レタスクラブニュース)