中国メディア・今日頭条は15日、「自動車エンジンの品質ランキングで日本が1位、中国はなんと最下位だと!?」とする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 中国メディア・今日頭条は15日、「自動車エンジンの品質ランキングで日本が1位、中国はなんと最下位だと!?」とする記事を掲載した。

 記事は、「現在、ますます多くの人が電気自動車を選択している。しかし、大部分の人はなおもガソリン車を第1の選択肢としている。変速機、シャーシと並ぶガソリン車3大部品の1つであるエンジンについて、どの国で生産される自動車のものが最も質が高いかを見比べてみよう」としたうえで、世界の主要自動車生産国のエンジン品質ランキングを紹介した。

 ランキングは8カ国で生産される自動車について新車100台あたりのエンジン故障率を基準にランク付けしている。1位は日本、2位はドイツ、3位英国となっており、4位以下はイタリア、韓国、米国、フランスの順で、中国が最下位の8位となっている。記事は「どうりで多くの人が資金に余裕のある時に、合弁車や輸入車を購入しようとするわけだ」とした。

 また、中国メーカーの自動車もエンジンの質が確かに以前よりははるかに良くなっているものの、真の意味でエンジンを国産しているメーカーはまだまだ少なく、外国の成熟したエンジンを逆研究あるは改良して生産しているのが現状であると指摘している。

 そして「確かに、われわれの電子製品は外国との距離を急速に縮めている。携帯電話がその例だ。しかし、エンジンは長年の技術的な蓄積を必要とするものであり、お金があればすぐにできると言うものではない。お金があっても他人のエンジンを買って使うことしかできないのである」と論じた。

 記事を読んだ中国のネットユーザーからは「国産エンジンは騒音が大きいし、ガソリンを食うし、本当にダメ」という意見が出る一方、「最下位でも良いじゃないか。以前の中国産エンジンだったらランキングにすら入っていないよ」との感想も見られている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)