ホッフェンハイムで活躍した香川真司【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は16日、EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会で韓国代表と対戦し、1-4と屈辱的な敗戦を喫した。同日、ドイツでリーグ戦を戦ったボルシア・ドルトムントのMF香川真司が、代表について語っている。

 結果はチェックしたが「映像は見ていない」という香川。1-4という結果については「海外組がいたらっていう問題でもない気がする。国内組にも良い選手が多いので、それを海外組だけで、という問題でもないですし」と語り、メンバーがそろっているかどうかの問題ではないとの見解を示した。

 さらに香川は「チームとしての課題が出ているんじゃないかな」と指摘。「この試合に限らず、ヨーロッパ遠征もそうだし。代表として、選手としてじゃなく、チームとして、選手を代えればいいって話じゃないので。サッカーという意味でもっと構築していかないと。選手うんぬんじゃないかと」と語っている。そのうえで、「危機感しかない。このままじゃ厳しい戦いになるのは間違いないので。はい、やるだけだと思います」と改めて気を引き締めた。

(取材:本田千尋【ドルトムント】、文・構成:編集部)

text by 編集部