韓国戦は先制したあと、チームとして下がり過ぎたと反省していた小林。写真:サッカーダイジェスト

写真拡大

[E-1サッカー選手権]日本1-4韓国/12月16日/味の素スタジアム
 
 伊東純也が獲得したPKを右足で決めて先制。優勝が懸かった韓国戦、小林悠は最高のスタートを切った。しかし、ここから試合は予想もしない展開となる。13分にキム・シヌクに打点の高いヘッドで同点弾を叩き込まれると、23分にはチョン・ウヨンにFKを直接ぶち込まれ、さらに35分には再びキム・シヌクに追加点を許す。日本がなかなかチームとして機能しなかった状況を、小林は次のように捉えていた。
 
「ちょっと下がり過ぎている部分もあった。守備の時も後ろで余っている選手が多かったので、もうちょっと前に押し出して積極的なディフェンスができればよかった。前半で1-3と負けていましたから、後半の頭からもっと前から行かないといけなかった」
 
 先制しながら下がり過ぎた原因はどこにあったのか。
 
「守り方というか、韓国戦では相手の3枚を自分ひとりで見ている感じだった。あれだけ幅をとられたらどうしようもない。誰かに出てきてもらって相手をずらさないといけないけど、それができなかった。最後まで後ろが重たいままで、難しい試合でした」
 
 1-1に追いつかれた時点で、日本はまだ立て直すチャンスがあった。この試合はたとえドローでも、日本が優勝していたのだ。しかし小林は、韓国のあのスーパーな2点目で気持ち的に押し込まれてしまったという。
 
「追いつかれて時点でやり方を変える必要はないと思った。でも、あの2点目が結構スーパーで。どうしようもない部分があった。ただ、1-2で前半を終えていたら切り替えるチャンスもあったけど、3点目が痛かったですね」
 
 結果は1-4の惨敗。それでも、今大会の3試合にすべて先発出場して計2ゴールを決めた小林は多少なりとも手応えを掴んでいた。
 
「全部試合に出させてもらえました。身体的に最後のほうはきつかったけど、そういう形で信頼してもらえたのは大きかった」
 
 とはいえ、当然ながら悔いは残る。
 
「もっと結果で応えたかった。特に最後の試合は。孤立して難しい試合でしたけど。チャンスを作りたかった」
 
 小林は言葉を継ぐ。
 
「監督の要求に応えたかったですけど、それだけじゃなかなか上手くいかない。自分で工夫してやろうと思っていましたけど、まあ、韓国戦に関しては、ちょっとこう、なんていうのかなあ、チームの考えもバラバラで……。前半に3点目を決められてからは難しくなった。1点差だったらもっと上手く意思を合わせられたけど……」

 自分の意志とは違う方向に進んでしまった韓国戦。小林は改めてサッカーというスポーツの難しさを実感しているのかもしれない。
 
取材・文●白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】E-1選手権・第3戦の韓国戦。4失点の惨敗で優勝ならず…