高いテクニックは代表レベルでも通用することを証明した土居。だが、相手に脅威を与えるほどではなく、“巧い”だけで終わってしまった。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[E-1サッカー選手権]日本1-4韓国/12月16日/味の素スタジアム
 
 原口元気のような驚異的なハードワークを見せたわけではない。乾貴士のような変幻自在のドリブルが武器でもない。それでも、先の中国戦に続いて左ウイングで先発した土居聖真は、自らの持ち味を随所に見せ、必死にアピールしようとしていた。
 
 敵のギャップを突くポジショニング、味方を前向きにさせるダイレクトパス、緩急をつけたフェイント、攻撃を加速させる鋭利なターン。精力的なプレスバックでボールを奪うシーンも何度かあった。
 
 足もとにボールを収めれば、能力の高さは感じさせた。だが、ゴールに絡むような決定的な仕事は皆無。“巧さ”はあったかもしれないが、“怖さ”はなかった。
 
 トレーニング中の負傷で離脱した清武弘嗣の代役として、急遽、声がかかった。土居にとっては、これが代表初選出である。もっとも、追加招集でありながら、今大会の全3試合中、2試合でスタメンに抜擢されているのは、その実力が認められたからに他ならない。
 
 だからこそ期待に応えたかったが、目に見える結果を残すことができなかった。
 
「どこかでこの悔しさを晴らしたいと、すごく感じています。それを感じないようなら、選手として本当に終わりだと思うので」
 
 無念さを噛みしめる一方で、欲も出てきた。日本代表への想いについて改めて報道陣から問われると、土居はこう答えた。
 
「今日負けて、なおさら(また戻ってきたいと)思った」
 
 国内組だけで臨んだ今回のE-1選手権。原口や乾、あるいは武藤嘉紀や宇佐美貴史など欧州組が独占する左ウイングのポジション争いに、土居が“爪痕”を残したとは言えないが、このまま終わるわけにはいかない。クラブでまた力をつけて、再び、日の丸を背負い、指揮官の信頼を掴むような活躍を楽しみに待ちたい。
 
取材・文●広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】E-1選手権・第3戦の韓国戦。4失点の惨敗で優勝ならず…