「初戦が一番大事」とハリル監督

写真拡大

「比較的突破の可能性は高いグループに入ったのかな」――2018年W杯ロシア大会組合せ決定を受け、TBS系「S☆1」で長谷部誠が語った感想だ。

 ファンはもちろんスポーツ紙までもが〈Happy組〉(スポーツ報知)などと舞い上がっている状態だ。たしかにH組は優勝経験国不在の唯一の組であり、ドイツ、メキシコと同組の韓国などと比べればラッキーにも思える。

 でも、本当に日本は予選を突破できるのだろうか。

 初戦はコロンビア。前回大会得点王の“MFロドリゲスは要注意”なんて言われているが、さるサッカーライターによると、

「前回も対戦していますが、そのときも“FWファルカオに注意”と言われていましたね。そのファルカオが負傷欠場し、期待が高まりましたが、結果は1-4の惨敗でした」

「初戦が一番大事」とハリル監督

 今回はロドリゲスもファルカオも健在なのだが。

 2戦目はセネガル。

「02年日韓大会でV候補フランスを破り旋風を巻き起こしましたよね。当時の主将が今の監督です。英雄的存在で選手の信頼も厚い。身長2メートル近い2人のDFなど長身選手がずらりと揃っています。日本は空中戦が弱点ですが……」

 ヘディングをポンポン決められる悪夢がよぎる。

 3戦目はポーランドだ。

「馴染みが薄いので勝てそうな気がしますが、フランスやイングランドよりFIFAランクが上の7位ですからね。FWレバンドフスキは欧州予選10試合で16得点の得点王。そんな彼をFIFAランク55位の日本が抑えられると?」

 この期に及んでまだ“日本はラッキー”だと思える人はいるだろうか。

「むしろ、相手3カ国の方こそが、“日本が入っててラッキー!”と小躍りしていますよ」

「週刊新潮」2017年12月14日号 掲載