俯きながら引き上げる昌子。同点ゴールを奪われた場面の自らの対応を悔いた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[E-1サッカー選手権]日本1-4韓国/12月16日/味の素スタジアム
 
 E-1選手権の最終戦で韓国と対戦した日本は1-4で敗れ、優勝を逃した。
 
 開始3分に小林悠のPKで先制した日本だが、13分に同点に追い付かれた。この失点シーンを悔やむのがキャプテンマークを巻いた昌子源だ。右からのクロスにヘッドでのクリアを試みるも届かず、背後にいたキム・シンウクに決められた。
 
「あれは難しい対応でした。一回掴んだ後にフォアに逃げられて、(左SBの車屋)紳太郎とコミュニケーションを取ろうとしたが、紳太郎がいなかったので対応に迷ってしまった。あのまま付いていって(CBでコンビを組んだ三浦)弦太との距離を離してしまって良いのかと。非常にもったいなかった。相手の得意分野というか、あれがひとつの戦術になっていたと思う。良い時間帯に先制して、チームとして落ち着いてやろうとした時に取られてしまった」
 
 試合前日には196センチのキム・シンウクに対して「ヘディングで競ったら10回やって1回勝てるか分からない。ただトラップ際を狙うだとか、僕が競った後を誰かがカバーするとか、いろんな守り方がある。最低限、綺麗にやらせたくない」と警戒していたが、まんまとやられてしまった。

 さらにチームとしての完敗も認める。
 
「今日の韓国は凄かった。僕らが見習わなくてはいけない点が多かった。デュエル、球際での戦いもそうだし、なによりブロックを作るのが早かった。僕と弦太が顔を上げた時には11人が揃っているし、中を閉められた。僕らはそうした時にどう戦うかが曖昧だった。今日の韓国には隙がなかったし、情けない試合をしてしまった」
 
 試合後にはサポーターからブーイングを浴びた。
 
「(ブーイングは)当然じゃないですかね。ありがたいとは思います。キリンカップでボスニア(・ヘルツェゴビナ)に負けた時は拍手だった。あの時も2位だった。しっかりブーイングしてもらえたのは『お前らは情けない試合をした』というメッセージだと思う。この悔しさを忘れたくない」
 
 この敗戦をどう糧にするか。昌子は自らを奮い立たせるようにスタジアムを後にした。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【PHOTO】日本サッカーを彩る美女サポーターたち♥