左サイドバックで先発したDF車屋紳太郎

写真拡大

[12.16 E-1選手権 日本1-4韓国 味スタ]

 痛恨のファウルだった。左サイドバックで2試合ぶりに先発した日本代表DF車屋紳太郎(川崎F)は1-1に追いつかれたあとの前半23分、自陣でのコントロールミスでボールを失い、奪い返そうとMFチュ・セジョンにスライディングタックル。このプレーがファウルとなり、危険な位置でFKを与えると、MFチョン・ウヨンに直接叩き込まれ、逆転を許した。

「立ち上がりはよかったけど、完全に相手に主導権を渡してしまった」。勢いづく韓国は前半35分にも追加点。最終ラインの連係は乱れ、チーム全体の距離感も悪かった。「前の選手と後ろの選手が合わず、中途半端になってしまった。ボールを奪ってもロングボールでまた失って、もったいなかった」。チームとしていい形をまったく出せなかった。

 自分たちで悪い流れを断ち切れず、試合を立て直せなかった。「監督がどんな指示をしても、ピッチで自分たちが判断してやらないといけない」。厳しい表情の車屋は「監督の言うことに従うのは大事だけど、ロングボールを放り込むことを求められても、自分たちが場面場面で判断して、ボールを保持するところはするべき」と悔やんだ。

(取材・文 佐藤亜希子)


●EAFF E-1選手権2017特集ページ