バヒド・ハリルホジッチ監督就任後、最多失点となった

写真拡大

[12.16 E-1選手権 日本1-4韓国 味スタ]

 EAFF E-1選手権の男子は16日、味の素スタジアムで最終戦を行い、日本代表は第2試合で韓国代表と対戦し、1-4で敗れた。

以下、試合後のハリルホジッチ監督会見要旨

●バヒド・ハリルホジッチ監督

「あまり多くのことは言えないが、韓国のほうが日本を大きく上回っていたと思う。パワーとテクニックでゲームをコントロールする姿は驚くべきものだった。非常に高いレベルの試合を韓国はプレーした。我々は1点目を取ったあと、プレーが止まってしまった。そのあとは韓国にすべての面で支配されてしまったので、特にコメントできることはない。今夜の韓国は非常に高いレベルを見せたと思う。パワー、瞬発力、テクニック、ゲームコントロール、すべての面で日本を大きく上回っていたので、韓国を称えるしかない。しかし、このような試合の中でも最後まで応援し続けてくれたサポーターのみなさんに感謝したい。1戦目のあとも、このチームに関してはあまり厳しく言わないほうがいいかもしれないという話をした。このチームがもっとできたのかどうかを考えないといけない。今回の大会は呼べなかった選手が10人、11人いた。しかし、その選手たちがいたとしても、本日の韓国を相手にすれば難しい試合になっていたと思う」

─前半の何もできなかった状況を踏まえ、ハーフタイムでどのように変えようとしたのか。

「ハーフタイムでは選手たちを鼓舞しようと思った。形を崩さないで2点目を取りにいこうという話をした。最終的に結果を出すには、まず次の1点という話をした。不運なことに多くのテクニックミスがあり、その2点目を決めることができなかった。空中戦でも地上戦でも、デュエルで負けてしまった。もちろん難しい状況ではあったが、パワーのところで何とかできるという時間がなかった。すべての面で支配されてしまった。ただ、そのような状況の中でも選手は最後まで戦ってくれたので、彼らをとがめることはできない。最後までトライし続けた。韓国の2点目のFKからのゴールは素晴らしいキックだった。あそこから右足で決めるというのはワールドカップレベルだと思う」

─キム・シンウクがターゲットになっていたが、一番高さのある植田直通を最後までサイドバックで使ったのは。

「9番(キム・シンウク)に関してはたくさん話をしてきた。彼のヘディングの強さについて、映像も見せて選手に説明した。17番(イ・ジェソン)についてもクロスを上げさせないこと、左サイドバック(金珍洙)のクロスも阻止しようと言った。9番にはタイトなマークを選手に要求した。彼との空中戦に勝てないのなら、少なくともいい形で受けさせないことを求めた。しかし我々の1失点目は彼を完全にフリーにさせてしまったところから失点した。(キム・シンウクの)2失点目もフリーだった。非常にパワフルな選手だったが、我々が何かを変えることができたかどうかについては、立ち上がりからDFラインにパワーを増やした形でプレーしたが、相手のパワーが我々を上回って、デュエル、セカンドボールを勝ち取っていた。我々の守り方が未熟なところもあり、相手を押してファウルを取られる場面もあった。しかし、最も驚いたことは、ボールを持ったときのテクニックを使ったゲームコントロールだ。パスや落とし、セカンドボールの拾い方が我々のレベルを上回っていた。9番の空中戦の強さについては試合前から強調して説明していた。彼をブロックして、彼のプレーの質を低下させることができなかった」

─W杯に向けたテストという大会で最後に4失点したが。

「選手たちを見る、テストするのも一つの目的だった。21人の選手がピッチに立った。結果はご覧のとおりだが、この大会で2勝できたことは一定の成果だと思う。フルメンバーのA代表で戦っても、この韓国に勝てたかどうかは分からない。この韓国のプレーを見れば、あまり多くのことができないのではないかと思った。受け入れ難いことかもしれないが、そういった真実も認めていかないといけない。パワーを使ったコントロールというものをすべての選手が見せていた。テクニックのコントロールも素晴らしかったし、日本戦へのモチベーションも高かった。この大会を戦った日本代表はA代表ではなかったかもしれないが、B代表なのかC代表なのかは分からない。しかし、現時点で招集できるベストメンバーだと思う。年齢にかかわらず、いいプレーを見せている中村憲剛を入れることもできたが、彼を除けば、今呼べるベストメンバーだったと思う。たくさんのケガ人もいた。ホームでこのように相手にパワーを使われて支配された形になったのがなぜなのか、しっかり分析しないといけない。我々はすでに分析しているが、その分析の結果を報告すると、あまり多くの人は喜ばせないことになるかもしれない。この2勝は素晴らしい結果だと受け止めたいと思う」

─国民はこの結果に絶望しているが、半年後のW杯は大丈夫なのか。

「この大会を通じていい結果を残せたと言ったところだが、日本国民が失望しているというのは私とは違った意見だと思う。もちろん私と違う意見があってもいいが、この2勝はこの大会での素晴らしい結果だと思う。本日のゲームは韓国が完全に支配した試合で、両チームを比較してはいけないくらいの差があった。その中で選手はベストを尽くして戦ってくれたと思う。W杯はまた別物だ。本日のチームでそのまま行くわけではない。代表候補をたくさん見ようとした大会でもあった。21人の選手がピッチに立った。それぞれのパフォーマンスをしっかり分析していきたいと思う。W杯に向けて、この中でだれが行けるのかということも含めて考えていきたい。もちろん今日の結果だけを見れば、失望している人もいるかもしれない。より良い結果が残せたかもしれないので、私も残念に思っている。しかし、この試合の立ち上がり10分で多くのものが見えた。相手のほうが力でまさっていた。すべての面でそうだった。それでも、この試合は監督のせいで負けたと思うなら、そういう記事を書いてほしい。私はこの大会で2勝をおさめたことは素晴らしいことだと思う。

 私が就任してから最も点差が開いた敗戦かもしれないので、こういった形で終わったのは残念だ。しかし、多くのことを見て、考えることもできた。日本サッカーの現状を全員で見ていかないといけない。W杯で待ち受けているものがどういうものなのか私は分かっている。こういったところから、しっかり教訓を得ながら進まないといけない。多くのものを私は見て、把握している。これからはW杯に向けてベストを尽くしていきたいと思う。良いお年を」

(取材・文 西山紘平)


●EAFF E-1選手権2017特集ページ