昌子源【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 1-4 韓国 E-1選手権】

 日本代表は16日、EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会で韓国代表と対戦し、1-4と逆転負けを喫した。

 昌子源は韓国について「俺らのことをホンマに強いチームと思ってきてくれたと思う」と振り返っている。

「韓国の守備のブロックの形成はホントにうまかったと思う。たぶん俺らのことをホンマに強いチームと思ってきてくれたと思う。じゃないと、あんなにすぐブロック自陣に引かんと、マジで。俺らのゴール前で、俺がボール奪ってもすぐ引く。前から2、3度追って来へん」

 相手の長身FWキム・シヌクにはゴールを決められ、昌子も苦しめられた。「あいつに関してはホンマに悔やまれる」と言う。規格外の高さを持つ選手への対応は昌子の血肉となるはずだが、「でもいい経験になったとか、僕はそういうので片づけようと思ってない」とし、こう続ける。

「自分の力不足やし、何を言われようと明らかに僕の力不足なんで。でもこれを次につなげないとホントにただのミスになってしまう。でも僕は同じようなミスを結局してしまった。それをもう自分でも認めているんで、認めるしかないから、言い訳なんてもうあれにはないから、それは潔く自分のミスと思って」

 自身を責めた昌子は「でもそれを次につなげないと。2度あることは3度あるって言うから、3度目がないようにしっかりしたい。でもそれが僕の強みであってほしいと自分でも思っている」と語る。これまでも、苦い経験も糧として成長してきた。

「マンガの主人公みたいな感じじゃないけど、何発殴られても立ち上がるみたいな、そういう人生やったと思うし、俺なんて褒められて伸びた経験なんてあんまない。いろんなこと言われて反骨心が出てきて、なにくそって思ってやってきているから」

 今回の悔しい敗戦をバネに、昌子はどのような成長を遂げるだろうか。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部