4失点を反省する今野泰幸、敗因は「得点を取って守りに入ってしまった」

写真拡大

 EAFF E-1サッカー選手権2017 決勝大会・第3戦が16日に行われ、日本代表と韓国代表が対戦した。小林悠のPKで幸先良く先制した日本だったが、その後は今大会最多の4失点を喫して完敗。E-1選手権優勝を逃した。

 3試合連続で先発出場した今野泰幸は「得点を取って守りに入ってしまったし、全く相手の中盤にプレッシャーがかからなかったので。相手の最終ラインも自由にボールを持っていて、そこから中盤に当てるボールにも誰もいけなかったし、やっていて嫌な感じはずっとしていました」と試合後に明かした。

 続けて「(井手口)陽介と(倉田)秋がもう少し前にポジションを取って、僕も相手の2トップの前で受けれれば良かったんですけど。相手の守備が良くて、一人ひとりがタイトなマークで中盤がどんどんと下がってしまった」と反省点を述べた。