伊東純也【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 1-4 韓国 E-1選手権】

 日本代表は16日、EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会で韓国代表と対戦し、1-4と逆転負けを喫した。

 先制したのは日本だった。試合開始早々、フリーランでPA内に侵入した伊東純也が倒されてPKを獲得。これを小林悠が決めて先制に成功した。しかし、その後が続かなかった。「入りは良かったと思いますけど、そこから自分たちのペースでうまくできなくて。ずっと相手のペースでうまく攻撃できなくて、ロングボールが多くなってという、相手の得意なことをやってしまった」と伊東は振り返った。

 韓国はサイドバックも高い位置を取ってきたため、伊東も守備に奔走させられた。「下がってでも(マークに)ついてと言われていた」と、自身に課せられたタスクをこなしたが、「もうちょい前から(プレスを)かけたかったってのはある」とも述べた。

 今大会で初招集され、A代表デビューを果たした。韓国戦は「ボールを受けて仕掛けるって場面を多く作りたかったけど試合展開的に難しくなってしまった」が、初戦と第2戦では爆発的なスピードで違いを生み出している。伊東は「もっとできると思うし、やれる自信はある。それをもっと出せれば」と意気込んだ。

「最後勝てなかったので悔しさが残る」と伊東は言う。満足できる大会ではなかったが、彼が爪痕を残したのは間違いない。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部