DF昌子源は1失点目の場面を悔やんだ

写真拡大

[12.16 E-1選手権 日本1-4韓国 味スタ]

 素直に完敗を認めた。守備が崩壊し、大量4失点で逆転負け。今大会でキャプテンを任された日本代表DF昌子源(鹿島)は自身初の日韓戦を戦い終え、「韓国は隙がなかった」と脱帽した。

「今日は韓国がすごかった。僕らが見習わなきゃいけないところがたくさんあった。デュエルや球際ももちろんだけど、ブロックをつくるのが早かった。中をすごく締めていたし、その中で僕らがどういう戦い方をするのか、今日に関しては曖昧だった」

 前半3分という早い時間にFW小林悠のPKで先制。そのあとの試合運びが難しくなることは分かっていた。昌子はベンチのハリルホジッチ監督に「このゴールはなかったことにして前から行くか」と確認し、「もちろん」という返答を得た。チーム全体で攻勢を続けようとしたが、その後は試合の流れを失った。

 最初の失点は前半13分。韓国は左サイドのDF金珍洙がクロスを上げ、196cmのFWキム・シンウクが高い打点のヘディングシュートを叩き込んだ。警戒していたターゲットマンに体を寄せ切れず、自身の背後でフリーにさせてしまった昌子は「あれは僕かな」と唇を噛み、最終ラインで連係が取れていなかったことも認めた。

「(キム・シンウクは)一回つかんだときにすぐファーに逃げて、もう一回行ったときにまたフォアに行こうとしていた。(車屋)紳太郎とコミュニケーションを取ろうと思ったけど、紳太郎がずっといなかったので、自分の対応をどうしようか少し迷っていた。あのままフォアに付いていって、僕と(三浦)弦太の間を空けるのか。そのタイミングでニアに力で来られたら、と迷っているタイミングで上がってきた。非常にもったいなかった」

 守備陣が失点を重ね、攻撃陣もラインを低く設定して守備から入る韓国を攻め切れなかった。「今日はいい形が出せなかったし、攻撃パターンは少なかった」。引き分け以上で2大会ぶり2度目の優勝が決まる試合で完敗。日韓戦では38年ぶりとなる4失点で、韓国に逆転優勝を許した。「情けない試合だったと思います」。無失点を誓ってピッチに立ったDFリーダーは屈辱の結果に責任を痛感していた。

(取材・文 佐藤亜希子)


●EAFF E-1選手権2017特集ページ