前半3分にPKで先制点を決めるFW小林悠

写真拡大

[12.16 E-1選手権 日本1-4韓国 味スタ]

 2試合連続ゴールも慰めにはならなかった。日本代表FW小林悠(川崎F)は前半3分にPKで先制点。代表初ゴールを決めた12日の中国戦(2-1)に続く2戦連発となったが、チームはその後、大量4失点を喫し、逆転負けで優勝も逃す結果に終わった。

「ちょっと下がりすぎなところもあった。守備も後ろで余っている選手がいたし、前に押し出して守備から積極的に行ければよかった」。プレッシャーのスイッチ役となる3トップの中央で先発したが、周囲と連動したプレスをかけられず、「全体的に積極的に前から行ければよかった」と悔やんだ。

「相手も相当気合が入っていた。こっちもその意気込みで入ったけど……」。前半13分に追いつかれると、同23分にはMFチョン・ウヨンに圧巻のブレ球FKを叩き込まれた。「2失点目がスーパーだった。そういうところから相手の気持ちに押される部分も出てきたのかなと思う」。さらに前半35分に3失点目。「3点目も我慢しないといけなかった。せめて前半を1-2で終わらせないといけなかった」と唇を噛んだ。

 攻撃でも「最後までかなり孤立していた。難しい試合だった」と、PK以外では目立った見せ場もなかった。3試合連続のフル出場を果たしたJリーグMVP&得点王は大会を通じて2得点という結果を残したが、チームを優勝に導くことはできず、「もっともっと結果で応えたかった」と悔しさをにじませた。

(取材・文 西山紘平)


●EAFF E-1選手権2017特集ページ