チームは準優勝に終わる。キャプテンとしてチームを牽引した昌子は、カップを掲げることができなかった。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[E-1選手権]日本代表 1-4韓国代表/12月16日/味の素スタジアム  
 
 宿敵・韓国との一戦で1-4と惨敗を喫した日本代表。試合後、キャプテンを務めた昌子源がフラッシュインタビューに応じた。
 
「良い時間に先制できて、僕らの勢いを見せることができたとは思う。ただ、 “全員がプレーするのを怖がっている”と監督から指摘を受けたし、そういう風に捉えられても仕方のないプレーだった。僕自身、相手の得意な形でやられてしまったので、反省すべき点が多い」
 
 悔しさを滲ませた背番号3は、続けてライバルのパフォーマンスを称えつつ、自身の未熟さを率直に吐露した。
 
「攻守の切り替えは韓国のほうが早かったし、攻撃を組み立てようとしても、中央を閉じられてしまっていたので、隙を作らせてもらえなかった。北朝鮮、中国、韓国と対戦したのは初めてだったし、アジアのレベルを肌で感じることできた。ただ、3試合を通してキャプテンを任せてもらったが、未熟だったと感じている」
 
 全3試合で5失点という数字は、DFとして褒められるものではない。中国戦でスーパーミドルを沈めてみせたとはいえ、大会を通して盤石のプレーを披露できたかといえば、疑問符がつく。主将の重責をまっとうした充実感よりも、悔しさのほうが大きいだろう。

 ただ、貴重な経験を積んだのは紛れもない事実。この経験を今後のプレーに活かし、定位置確保の足掛かりにしたいところだ。