韓国代表を率いるシン・テヨン監督【写真:Getty Images】

写真拡大

【日本 1-4 韓国 EAFF E-1サッカー選手権2017】

 16日にEAFF E-1サッカー選手権2017の試合が行われ、韓国代表は日本代表を相手に4-1の勝利をおさめた。

 試合後、大会2連覇を達成した韓国を率いるシン・テヨン監督が試合を振り返り「まず日本、韓国両チーム共にベストを尽くした試合だった。両国にとってW杯に向けての前哨戦としての意味を持っていたが、韓国としては勝ててよかったと思う。勝ちはしましたが、改善しなければいけないところもあった。日本とは今後もお互いに高め合っていければいいと思う。韓国にとって勝たなければいけない試合だったが、立ち上がりにPKで失点してしまった。それでも立て直し、勝ってくれた選手たちに賛辞を送りたい」と語っている。

 日本に先制されながらも、シン・テヨン監督は慌てなかった。その理由については「過去の話にはなるが、リオ五輪予選の決勝で日本と対戦して2-1で韓国がリードしていながら逆転されてしまった。この苦い経験を経て、どのように勝てばいいか常に頭のなかでシミュレーションをしてきた。今日は最後まで冷静に分析して、選手たちに指示を送れた。ドーハでの2-3の逆転負けは大きな傷を残したが、私にとっては大きな財産になったと思う。今日も絶対に勝たなければならない中で重圧も大きかったが、過去に失敗した経験が大いに生きたと思う」と、過去の経験が生かされたことを明かした。

 最後に今大会を振り返り「W杯を控えているが、日本も韓国も出場する。ロシアに行って戦うことになるが、今大会は韓国だけでなく日本にとっても弱点を見直すいい機会になったと思う。日本もベストメンバーではないが、リザーブの選手たちが海外組の穴をどう埋めるのかを確認できた。プランB、プランCを常に頭の中に描きながら、選手を投入してみる、そういった意味で今大会は非常に大きな大会となった」とコメントしている。

(取材:舩木渉、文・構成:編集部)

text by 編集部