ハリル監督、宿敵相手の“収穫なき敗戦”に失望感露わ 「韓国の方が格上だった」

写真拡大

守備崩壊、攻撃停滞と課題を露呈 試合後はサポーターから大ブーイングも…

 日本代表は16日にE-1選手権で韓国代表と対戦し、1-4で惨敗を喫した。

 ライバルの韓国に守備破綻、攻撃の停滞と課題が噴出し、バヒド・ハリルホジッチ監督も試合後のフラッシュインタビューで失望感をあらわにした。

 試合は前半1分、FW伊東純也(柏レイソル)がペナルティーエリア内で倒されてPKを獲得。これをFW小林悠(川崎フロンターレ)が決めて幸先よくスタートを切ったかに見えた。しかし、反撃に出た韓国相手に守備陣が混乱をきたす。長身FWキム・シンウクのヘディングシュートを含めて前半だけで3失点を喫する展開となった。

「このチームが日本より強いことは分かっていました。韓国とのレベルに差があったと思います。(韓国は)優勝に値すると思います」

 2点を追いかけるはずの後半も、攻撃面で複数人が絡むコンビネーションはなく、低い位置から最終ラインの裏を狙うロングボールが主体。韓国守備陣を脅かすまでに至らなかった。さらに、セットプレーからオウンゴールを喫して1-4で敗戦。観客が沸いたのは同39分とアディショナルタイムのFW川又堅碁(ジュビロ磐田)のシュートくらいで、試合終了後にはサポーターから大ブーイングを受ける始末だった。

「なぜそうなったのかは分かりません」

 後半には怒気を滲ませながらテクニカルエリアに飛び出す場面もあったハリルホジッチ監督。「ここでしっかり結果を残すことを望んでいましたけど、プレーを止めてしまいました。なぜそうなったのかは分かりません。相手がその状況を上手く利用して2点取られた。韓国の方が格上でした」と韓国を称えるほかなかった。

 韓国戦で2017年の日本代表全公式戦を終えたハリルホジッチ監督。ロシア・ワールドカップ出場という成果は残したものの、国内組のラストチャンスと言われたE-1選手権の最終戦は、収穫が見当たらない90分間となってしまった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images