小林悠、代表2得点目も逆転負けを悔やむ「下がり過ぎてしまった」

写真拡大

 引き分け以上でE-1選手権優勝が決まる日本代表だったが、韓国代表に1−4で逆転負けを喫した。

 3試合連続スタメンの小林悠はPKで先制点を決め、代表通算2ゴール目をマーク。しかしながら、その後の4失点を受けて「後ろが重く下がり過ぎてしまった」と敗因を分析。「韓国の後ろ3人を自分一人で見ている感じだった。もっと全体を前に押し出して守備ができていれば」と敗戦を悔やんだ。