「いい時間帯に先制できたが」…キャプテンの昌子源「未熟さが出た3試合」

写真拡大

 EAFF E-1サッカー選手権2017 決勝大会が16日に行われ、日本代表は韓国代表と対戦した。小林悠のゴールで先制するも、その後韓国の猛攻を浴び、1−4と敗戦。試合後、キャプテンを務めた昌子源がインタビューに応えた。

 昌子は「いい時間帯に先制点を取ることができて、自分たちの勢いを見せることができた」と話しつつも「相手の得意なプレーでやられてしまった。反省点の多かった試合」と振り返った。

 続けて昌子は、具体的に韓国代表に負けていた点について「攻守の切り替えが韓国のほうが速かった。僕らが攻めようとしても真ん中を閉じられているので、なかなか隙を見つけられなかった」とコメント。

 最後に昌子は大会全体を振り返って「アジアのレベルを肌で感じることができた。監督からキャプテンを命じてもらったのに、キャプテンとしての未熟さが出た3試合になってしまった」と語った。