日本、韓国に逆転負けでE-1優勝ならず…ハリル監督「韓国の方が格上だった」

写真拡大

 引き分け以上でE-1選手権で優勝が決まる日本代表だったが、韓国代表に1−4と逆転負けを喫した。

 日本を率いるヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「韓国が強いことは分かっていた。韓国とのレベルに差があったし、韓国が勝利に値した」と完敗を認めた。

 2大会ぶりの優勝を狙ったE-1選手権は2位という結果に。ハリルホジッチ監督は「この大会は結果を残すことだけを望んでいた。今日は小林悠が決めたあとにプレーを止めてしまった。なぜかは分からない。相手がその状況を上手く利用していたし、韓国の方が格上だった」と振り返った。