日本、小林PK弾で先制も今大会最多4失点…韓国に逆転負けでE-1優勝を逃す

写真拡大

 EAFF E-1 サッカー選手権2017 決勝大会・第3戦が16日に行われ、日本代表と韓国代表が対戦した。

 引き分け以上で優勝が決まる日本は、第2戦の中国代表戦からスタメンを3名変更。GKは中村航輔、最終ラインは右から植田直通、三浦弦太、昌子源、車屋紳太郎の並び。中盤のアンカーに今野泰幸が入り、インサイドハーフに井手口陽介と倉田秋。前線は土居聖真、伊東純也、小林悠の3人が務める。

 開始1分、伊東がエリア内で倒されてPKを獲得する。このチャンスを小林がしっかりと決めて、日本が幸先良く先制した。しかし13分、左サイドからのクロスを196センチの長身FWキム・シヌクに頭で決められてしまう。続く23分にはチョン・ウヨンに直接FKを沈められ、韓国に逆転を許した。さらに35分、再びキム・シヌクに決められ3失点。前半は日本の2点ビハインドで折り返す。

 後半に入り70分、韓国はセットプレーからヨム・ギフンのゴールが決まる。試合は1−4で終了。逆転負けを喫し、日本はE-1優勝を逃した。

 この結果、韓国がE-1選手権を連覇。以下、2位日本、3位中国、4位朝鮮民主主義人民共和国となった。

【スコア】
日本代表 1−4 韓国代表

【得点者】
1−0 3分 小林悠(PK/日本)
1−1 13分 キム・シヌク(韓国)
1−2 23分 チョン・ウヨン(韓国)
1−3 35分 キム・シヌク(韓国)
1−4 70分 ヨム・ギフン(韓国)