小林悠【写真:田中伸弥】

写真拡大

【日本 1-4 韓国 E-1選手権】

 日本代表は16日、EAFF E-1サッカー選手権2017決勝大会で韓国代表と対戦し、1-4と逆転負けを喫した。

 前半開始早々に得たPKを小林悠が決めて先制に成功したが、その後チームは相手に押し込まれ、失点を重ねた。小林は「まず後ろが重たかった。下がりすぎていたと思う。ちょっと後ろでディフェンスの時も余っている選手もいた」と指摘。また「後ろからしっかりはめていって前に押し出せれば良かった」と悔しさをにじませた。

 試合を通して小林が一人でプレスをかける場面が多かった。その点については「(相手の)後ろの3枚くらいを自分が一人で追っている感じだった」と言う。そして「もうちょっとうまく前に押し出して守備できれば、もうちょっといい攻撃に繋げられたかなと」と振り返った。

text by 編集部