ハリルJが韓国にホームで屈辱の4失点 日韓戦7年7カ月ぶり黒星でE-1制覇逃す

写真拡大

 

韓国の猛攻を浴び守備崩壊 アジア勢に3点差以上の敗北はじつに29年半ぶり

 バヒド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は16日、2013年大会以来2度目のE-1選手権制覇を懸けて味の素スタジアムで第3戦の韓国戦に臨み、開始早々に得たPKをFW小林悠(川崎フロンターレ)が決めて幸先良く先制。

 だが、その後は韓国に押し込まれて前半のうちに3失点、後半にも1失点を喫して1-4と敗れた。

 “永遠のライバル”韓国との最終戦は、東アジアの盟主の座を懸けた優勝決定戦となった。日本は12日の中国戦に2-1で勝利し2連勝。1勝1分で2位の韓国とのこの一戦で引き分け以上なら優勝となる。タイトルの懸かった大一番に、バヒド・ハリルホジッチ監督は中国戦から先発3人を変更。GKには第1戦で好セーブを連発した中村航輔(柏レイソル)が入り、前線3トップは小林、FW伊東純也(柏)、MF土居聖真(鹿島)と中国戦と同じ顔触れとなった。

 すると、その“継続性”が重視されたアタッカー陣がいきなり仕事を果たす。前半1分、後方からのパスを土居がダイレクトでペナルティーエリア内に送ると、伊東が鋭く抜け出し韓国のDFチャン・ヒョンスがたまらずファウル。このPKを小林が冷静にゴール左隅に沈めて、日本が幸先良く先制した。

 だが、その後は優勝のために勝つしかない韓国に押し込まれてしまう。セカンドボールを拾えなくなり波状攻撃を受けると、同12分には韓国FWイ・ジェソンに左足を振り抜かれ、シュートはゴール右にわずかに外れていった。悪い流れのまま直後の同13分、ついに失点してしまう。日本の右サイドで韓国のDFキム・ジンスにフリーでクロスを上げられると、FWキム・シンウクにヘディングで叩き込まれ1-1の同点に追いつかれた。

 悪い流れは断ち切れず、同23分にはDF車屋紳太郎が与えたFKを韓国MFチョン・ウヨンに豪快に叩き込まれ、1-2と逆転を許す。その後日本がややリズムを取り戻すものの、自陣でのミスが減らず、同35分にはボールロストから最後はキム・シンウクにこの日2点目のゴールを許し、1-3でハーフタイムを迎えた。

後半も劣勢、韓国が2大会連続の優勝

 選手交代なく迎えた後半も日本はミスが目立ち、シュートシーンを迎えることがほとんどできない。後半8分には韓国DFキム・ミヌのシュートを中村が辛くもセーブ、同19分にはチョン・ウヨンに強烈なミドルを放たれるなど、劣勢を強いられた。

 流れを変えたい日本は、同21分にMF井手口陽介に代えてMF三竿健斗を投入。三竿はこれがA代表デビューとなった。

 だが同24分、自陣左サイドで与えたFKを、途中出場の韓国MFヨム・ギフンが左足を振り抜くと、強烈な一撃が小林の足に当たって4失点目を喫した。

 国内組のみのメンバー構成とはいえ、日本はホームで韓国に屈辱の4失点を喫して完敗。韓国に敗れたのは2010年5月24日にさいたまスタジアムで0-2と敗れて以来、約7年7カ月ぶりのこととなった。さらに3点差以上での敗戦は14年10月14日のブラジル戦(0-4)以来、対アジア勢となると1988年6月2日の中国戦(0-3)以来の歴史的敗戦となった。

 来年のロシア・ワールドカップに向けて不安の残る内容となった惨敗劇。E-1選手権制覇を逃し、2勝1分とした韓国が2大会連続で東アジア王者となっている。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images