2得点を挙げ、日本DF陣にとって脅威であり続けたキム・シヌク(9番)。韓国は7年ぶりの日本戦勝利に。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[E-1選手権]日本 1-4 韓国/12月16日/味の素スタジアム
 
 屈辱的な敗北だ。2年ぶりの日韓戦でハリルジャパンはライバルの後塵を拝した。
 
 12月16日に味の素スタジアムで行なわれたE-1選手権第3節、日本は開始3分に小林悠のPKで幸先良く先制するも、韓国の鋭い出足と分厚いパス回しにさらされ、23分までにあっさり逆転を許す。さらに35分にもバイタルエリアを蹂躙され、キム・シヌクにこの日2点目を決められてしまうのだ。
 
 後半はがっちり守備を固めた相手の堅牢を崩せず、69分にリスタートからダメを押される体たらく。引き分けで優勝が決まる有利なシチュエーションをまるで活かせず、1-4の完敗を喫した。
 
 母国代表チームの快勝劇を称えたのが、韓国の全国スポーツ紙『Sports Seoul』だ。「攻守両面で日本を圧倒し続けた」と、賛辞を贈った。
 
「スタートで完全に躓き、開始3分にPKでゴールを奪われた韓国。だが。そこからのリカバリーが素晴らしかった。13分にイ・ジェソンの見事なクロスをキム・シヌクが高い打点のヘッドで決め同点とすると、会場の雰囲気が一変。呆気にとられる日本サポーターの前で我らが代表チームは畳みかけ、23分にチョン・ウヨンがお得意のファンタジーFKをねじ込み逆転、35分にはふたたびキム・シヌクが落ち着いてゴールに蹴り込んだ」
 
 この試合の前まで7年間、韓国は日本戦で勝利がなく、5試合を戦って3分け2敗だった。『Sports Seoul』紙はその「屈辱の歴史に終止符を打った」ことを称え、2010年5月24日に埼玉スタジアムで飾った2-0の勝利にだぶらせながら、こう報じた。
 
「立ち上がりの失点シーンを除いて、韓国が日本を攻守両面で圧倒した。パーフェクトな前半を経て、後半もキム・シヌクが面白いように自由にプレー。効果的なカウンターを繰り出し、69分にヨム・ギフンが追加点を挙げて勝負あり。思い出されるのは、2010年南アフリカ・ワールドカップ前に行なわれた、埼玉スタジアムでの韓日戦だ。パク・チソンとパク・チュヨンのゴールで完勝したあの試合である。日本のホームスタジアムで会心の勝利を挙げ、ワールドカップへの良き弾みとした。今回の勝ちっぷりもまた、シン・テヨン政権下のチームにとっては最高の景気づけとなるだろう」
 
 そして日本代表への印象については、「守備に力強さと粘りがなく、攻撃は単調でまるで怖さがなかった」とバッサリ。ともに国内組のみのメンバー構成で、飛車角に加えて王将も抜きだった日韓戦。日本は地力の差を随所で見せつけられた。
 
 韓国は2大会連続4回目の優勝を飾り、2位が日本、3位には第1試合で北朝鮮と引き分けた中国が食い込んでいる。

【日本代表PHOTO】E-1選手権・第3戦の韓国戦。4失点の惨敗で優勝ならず…