今季国内女子ツアーで活躍した注目選手のスイングから強さの要因を探る“Playback LPGATour2017”。第17回は、現在ロレックスランキング6位のアリヤ・ジュタヌガーン(タイ)。米ツアーのファイナルQTを3位タイで通過し、2015年から米ツアーへ本格参戦。昨年の「全英女子オープン」での優勝を含むツアー7勝を誇るアリヤのスイングを、上田桃子らを指導するプロコーチの辻村明志氏に解説してもらった。
【連続写真】世界屈指の飛ばし屋、アリヤ・ジュタヌガーンのスイング
世界でも屈指の飛ばし屋といわれるアリヤ・ジュタヌガーンさんです。基本的にドライバーを打たない人なので、3番ウッドでの連続写真となります。全体的には大きな体のエンジンを生かしたスイングといえます。頭の位置を見ると分かりますが、バックスイングでは上体が伸び上がる動きがまったくありません。多少は頭の位置が上がるものですが、低い前傾姿勢をキープしたまま上体を捻転しています。だからこそ、トップで深い懐をつくることができるのでしょう。
飛球線後方からダウンスイングの切り返しを行っている写真を見ると、グリップエンドがボールと右足の間を指しています。普通はボールの前後を指すことが多いだけに、アリヤさんの場合、体のかなり近くにクラブを下ろしていることが分かります。クラブを立てたまま、最短距離で下ろすことができるので、クラブヘッドが遠回りして動くことがありません。それだけボールにパワーを伝えやすく、体の動きとクラブを同調しているといえます。さらに、この段階でヘソが下を向いているのもいいですね。体力がないとヘソが上を向き、腹が開き気味になりますが、正面からの写真を見ると、ヘソが下を向いたまま右足ツマ先の前から左足ツマ先の前まで動いています。上体の前傾角度をキープすることにもつながりますが、クラブを立てて体の近くから下ろせる要因でしょう。
スイング中にフットワークを行っているので、ダウンスイングでは左足に体重を乗せていきます。下半身の動きに上体がつられることもなく、バックスイングと同様に頭を中心とした体の軸は少しも動いていません。さらに、フォローでは、左足の内モモに右足の内モモをつけています。パワーヒッターには、足の締まりが絶対に必要です。前傾姿勢をキープして足の締まりがあれば、クラブを素早く振ることができるからです。アリヤさんはインパクトからフォローにかけて右足を左足に寄せることで足の締まりを実現しています。逆に、足の間隔が広いと、素早いスイングはできないので、手でヘッドスピードを上げるしかなく、アリヤさんのように力感のないフィニッシュにはならないでしょう。
解説・辻村明志(つじむら・はるゆき)/1975年9月27日生まれ、福岡県出身。ツアープレーヤーとしてチャレンジツアー最高位2位などの成績を残し、2001年のアジアツアーQTでは3位に入り、翌年のアジアツアーにフル参戦した。転身後はツアー帯同コーチとして上田桃子、藤崎莉歩、小祝さくらなどを指導。上田の出場試合に帯同、様々な女子プロのスイングの特徴を分析し、コーチングに活かしている。プロゴルファーの辻村明須香は実妹。ツアー会場の愛称は“おにぃ”。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【辻にぃスイング見聞】全米女子OPドラディス1位!葭葉ルミの秘密を“V字”に見た
【辻にぃスイング見聞】元世界NO.1は自然体で振る 申ジエの肝はフットワークにあり
ゴルフ初心者でもわかる!メダル候補はこんなヒト アリヤ・ジュタヌガーン編
【LPGAツアー動画】アリヤ・ジュタヌガーンがタイ勢初のツアー制覇
日米美女が華麗にドレスアップ!TOTOクラシック選手歓迎レセプション