【詳細】他の写真はこちら

女子バスケットボールのトップリーグ「Wリーグ」の公式応援アーティストに抜擢されたJ☆Dee’Zが、本日12月16日に東京・大田区総合体育館にて行われた『Wリーグ 三井不動産オールスター 2017-18 in TOKYO』に登場。

オープニングライブで同リーグの公式応援ソングとなる新曲「あと一歩」を初披露し、会場を沸かせた。また、同曲も収録される1stミニアルバム(タイトル未定)を2018年3月7日にリリースすることを発表した。

Wリーグとアーティストのタイアップは、J☆Dee’Zが史上初。彼女たちが出演していた男子プロバスケットボールのトップリーグ「Bリーグ」のハーフタイムショーでのパフォーマンスを観たWリーグのスタッフから熱烈なオファーを受け、今回のコラボレーションが実現した。

「あと一歩」は、「Melody」「ひとひらの涙」に続く“エール三部作”のラストを飾るナンバー。Wリーグの選手にアンケートを実施したうえで楽曲制作に臨んだこの曲は、“試合前に聴きたい一曲”に仕上がっている。

ミニアルバムの詳細は追ってアナウンスされるが、収録曲はすべて新曲となる予定。最年長メンバーのMOMOKAが今春、高校を卒業するため、全員が女子高校生グループとしてはこれが最後のリリースとなる。

リリース情報



2017.11.22 ON SALE

SINGLE「ひとひらの涙 / カラフルジャンプ」

2018.03.07 ON SALE

MINI ALBUM『タイトル未定』

Wリーグ OFFICIAL WEBSITE

http://www.wjbl.org/pc_index_html#

J☆Dee’Z OFFICIAL WEBSITE

http://www.j-dz.com/