日本代表【写真:田中伸弥】

写真拡大

【日本 1-4 韓国 EAFF E-1サッカー選手権2017】

 16日にEAFF E-1サッカー選手権2017の試合が行われ、日本代表は味の素スタジアムでFIFAランキング59位の韓国代表と対戦。

 国内組のみで臨んだ今大会初戦は、北朝鮮代表に苦戦しながらも1-0の勝利をおさめて白星スタート。続く中国戦では小林悠と昌子源が代表初ゴールを決めて2-1の勝利をおさめている。勝ち点6でグループ首位の日本。引き分け以上でも優勝が決まる今回の韓国戦には、井手口陽介や倉田秋、植田直通などが先発起用された。

 試合開始して3分、ペナルティーエリア内に侵入した伊東純也がチャン・ヒョンスに倒されPKを獲得。このPKを小林悠がしっかりと決めて日本に先制点が入った。しかし、ここから韓国の反撃が始まる。

 11分にはフリーキックからキム・シヌクがヘディングシュート。ここはGK中村航輔のファインセーブにより失点を免れる。続く12分にはイ・ジェソンがシュートを放ち日本のゴールを脅かした。

 すると13分、キム・シヌクにヘディングシュートを叩き込まれ同点に追いつかれてしまう。勢いに乗った韓国は23分、チョン・ウヨンがフリーキックを直接決めて逆転に成功。35分にも守備を崩されフリーのキム・シヌクにゴールを決められてしまった。

 さらに69分、韓国のフリーキックをクリアしようとした小林の足に当たりオウンゴール。85分には交代出場の川又堅碁がゴールを狙うも得点ならず。結局、日本は1-4の惨敗を喫し、2大会ぶり2度目の優勝を逃した。韓国は2015年の前回大会に続くE-1制覇で2連覇を達成している。

【得点者】
3分 1-0 小林悠(日本)
13分 1-1 キム・シヌク(韓国)
23分 1-2 チョン・ウヨン(韓国)
35分 1-3 キム・シヌク(韓国)
69分 1-4 オウンゴール(韓国)

text by 編集部